一般客は入れない「BASE6」 Yahoo! JAPANの社員食堂でランチしてきたよ

「ヘイ! うちの社食でランチしないか?」
というお誘いを受けまして、行ってきましたよ「BASE6」に。

「BASE6」とはYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社の社員食堂で、一般客は入ることのできないシークレットな場所なのです。

image

場所の詳細は秘匿。六本木ミッドタウンからほど近い、とある場所で運営されていて、普通はヤフーの社員でないと入ることのできないスペース。なんせ社員証がないといけないっていう。

で、今回はヤフーの中の人であるたつをさん(yto)にお誘いいただいて潜入してきました。ありがとうございます!

なにこのおしゃれスペース・・・!

というわけで、勇んで潜入してきたわけですが、なんかすごいおしゃれ空間でした。そもそも社員食堂のある会社に勤めたことなんかないんですけども、IT系の大会社はみんなこんな感じなのでしょうか。。

image

image

image

どこかもしこもおしゃれ。結構広いし、いわゆる社食にありがちな感じの長テーブルではなくカフェ的な感じ。というか、まるっきりカフェですよカフェ。

人数によっていろいろな席を選ぶことができるようになっていて、3枚目の写真にあるような木製フレームのドーム状の空間の円卓だったり、靴を脱いで上がるちゃぶ台だったりいろいろ。

昼間だけでなく夜のディナータイムや、ちょっとしたバーもあって、ここでアルコールを飲むこともできるんだとか。

また、単純に食堂としての利用だけでなく、打ち合わせで利用したり、オフィスから移動してコワーキング的な利用をしたりすることもできるとのこと。

image

各所に設置されているモニターには、Yahoo! JAPANにおける検索バズワードがリアルタイムに流れています。
これを観ながらブログのネタ出ししたら捗りそうだなぁw

ランチは2パターンから選べる!

さて、こんなおしゃれな社員食堂で、普段ヤフーの社員さんが食べているランチはどういうものなのでしょうか。俄然期待が高まります。

image

こちらは入ってすぐ目の前に置かれているメニューボード。
基本的にランチは「セット」と「ボウル」の2パターンから選択することができるようになっています。

「セット」はA、B、Cの3つのメニューの中から2つを自由に選ぶことができます。ボウルは丼物の1種類です。

メニューはだいたい週替りだそう。社員食堂まで出向かなくても、ヤフーの社内で事前にメニューを確認することもできるそうです。
聞くところによると社食専用のグループチャットみたいなのがあるそうで、社員さんはそこでメニューの情報を得られるほか、社食に対する要望やメニューの希望を出すこともできるそう。社食側からのアンケートもあったりと、かなり活発なやりとりがあるみたいですね。

image

ランチどーん!
やべーうまそーだよーうまそーだよー!

僕は「セット」を選択し、この日のメニューのうち、鶏の甘酢炒めいわしの蒲焼を注文。合わせて付け合せとデザートもついてきました。
ご飯やサラダ、スープはセルフで注ぐんですが、五穀米が用意されていたり、サラダもファミレスのサラダバー並みにいろいろ揃っていました。

そして、肝心の味も美味!
全体的に味のバランスがしっかり考えられていて、栄養素もまんべんなく摂れるようになっているんですね。

いいなー、こんな美味しいランチが毎日食べられるとか。羨ましい。
まぁ、混雑回避のために予約制となっているようですけども。

六本木での運営はあと半年くらい?

こういう美味しいランチが福利厚生としてあるってのは、仕事をする上でいい活力になると思うんですよね。
社員のための施設として、こういうのを社外に作ってしまうあたり、さすがヤフーさんだなぁと思わされます。

ただ、実は六本木における「BASE6」は、長くても今年の秋くらいまで。

というのも、ヤフーさんは今年の5月以降、本社機能をグランドプリンスホテル赤坂の跡地にできる紀尾井町プロジェクトのビル内に移すことが決まっているから。
なので、ヤフーさんの移転完了時期を考えると、上述したように秋くらいまでの運営となりそうです。

そう考えると、今回お誘いいただけたのはラッキーでしたね。
また機会があればぜひ伺いたいところです。今度はアルコールも出る夜にでもw

たつをさん(yto)ありがとうございましたー! またよろしくお願いしまーすw