通信費節約のためAndroidのモバイルデータ通信をオフってみた件

昨年の7月からAndroid端末(docomo)とiPhone4S(KDDI)をメイン機として利用しているのですが、いかんせん通信費がかかってかかってしかたない。
そこで、docomoの料金プランを変更しようかなーと思ったんですが、窓口で相談してみたところ、どれもこれも似たり寄ったり。というわけで、端末設定を変更することにしました。

モバイルデータ通信オフ

というわけで、
[設定]→[ワイヤレス設定]→[モバイルネットワーク]
に入って、[データ通信を有効にする]のチェックを外してみました。
これでパケット代が一切加算されなくなります。

基本、2台持ちになってから、docomoはもっぱら通話専用端末にしているんですが、まぁ当たり前のようにWi-Fi環境下から外れれば、普通にアプリがバックグラウンドでモバイルデータ通信を行います。

ところが、このバックグラウンド通信が厄介なもので、わずかな時間でかなりのパケットを使うんですね。そのため、あっという間にパケ・ホーダイの上限額5985円に達してしまうわけです。

このあたりはプラン変更しようがなんだろうが変わりゃしないので、それならいっそモバイルデータ通信を徹底的に使わないようにしちゃえばいいじゃないかという結論に落ち着きました。

いっそのことAndroidやめてガラケーに戻したろうかなぁとも思ったのですが、業務上そういうわけにもいかないですしね。。

spモードだのもろもろ細かい金額が積み重なっているものもあったりしますが、いずれにしても約6000円近くの料金がごっそりなくなってくれれば、だいぶ通信費の節約にはなってくれると思うので、しばらくこのまま運用していきたいと思います。

っていうか、もっと早くにやっておけっていう話なんですがね。。

モバデビの最新情報をチェック