hide 50th anniversary FILM「JUNK STORY」の海外上映プロジェクトが始動

今から17年前に亡くなったhideの生誕50周年に合わせて制作されたhideのドキュメンタリー映画として、2015年5月23日に期間限定公開された「JUNK STORY」。
すでに上映は終了してしまいましたが、次なる展開として、海外上映させるべくクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、オフィシャルサポーターを募るプロジェクトがスタートしています。

JUNK STORY

うわー、もう17年も経っちゃったんですねぇ・・・。圧倒的な存在感によるものなのか、いまだに亡くなったとは思えません。

さて、そんなhide初のドキュメンタリー映画「JUNK STORY」ですが、公開とともに大きな反響があり、「ぴあ映画初日満足度ランキング」で1位を獲得。期間限定であるにも関わらず実に4万人を動員しました。

もともと海外上映自体は決定事項だったそうですが、国内での反響の大きさが海外でも話題になり、上映リクエストがさまざまな国から寄せられているとのことで、それを契機に公開規模の拡大を計画。その実現のためにクラウドファンディングで”海外上映オフィシャルサポーター”を募ることになったとのこと。

この海外展開では、hideのバースデー月である2015年12月を目標として、

  • 根強いファンが多い台湾・香港・韓国などのアジアエリア
  • 近年ジャパンカルチャーに関心の高いフランス・ドイツなどのヨーロッパエリア
  • そしてhideの海外進出の夢でもあったLAをはじめとした北米エリア

といったような地域での上映を目指します。

via. https://www.makuake.com/project/junkstory

ということで、広く世界規模で展開していきたいと考えているようですね。

プロジェクトの目標金額は800万円
募った資金は、上述したように海外上映のためのプロモーション活動(字幕作成、チラシ・ポスターの宣伝物、試写の告知及び開催など)のために使われるとのこと。正直、その金額で足りるのか? という気がしないでもないですが、まぁ元々の予算に上乗せする金額なんでしょうな。

支援する金額の最低額は3000円からとなっています。10000円以上の支援を行うと、海外上映される作品のエンドロールに、支援者の名前が入るとのこと。
なおVIPコースとして100万円コースというのもあり、この金額を支援した場合、海外版上映会に招待されるそうです。

12月にDVD/Blu-rayが発売するぞ

先般公開された国内版は、2015年12月にDVD/Blu-rayの発売が決定しました。
一般予約は本日7月31日から開始しています。

JUNK STORY DVD/Blu-ray
image via. Live’Spot

今のところまだAmazonや楽天といったECでは出てきてませんが、以下のサイトから予約が可能です。

うーむ、欲しいな。

今もなお絶大な人気を誇るhide。そんな彼の記念すべき初ドキュメンタリー映画の海外展開。正直な話、海外での興行って厳しいところなんですが、ぜひ満額の支援を受けて、監督・プロデューサーはじめスタッフの皆さんに頑張って頂いて、うまいこといけばいいなぁと思います。

とりあえず僕も支援してみようかな。

モバデビの最新情報をチェック