発売から2ヶ月半ほど経ったiPhone 7 / 7 Plus。まだまだ在庫が少なく、なかなか買うに至らなかったのですが、昨日、運良く在庫があることを知り、急いでオンラインで購入。その日のうちにストアでピックアップしてきました。
ピックアップ後すぐにセットアップして使い始めましたが、思ってた以上にデュアルカメラがいい感じ。やっぱり使ってみないとわかりませんね。

iPhone 7 Plus Black

今回購入したのはブラックの128GB。もちろんSIMフリーです。
256GBも検討していたのですが、乗換前の6 Plus 128GBが2年使っても、半分ほどの容量しか使ってなかったので、容量は変更せずとも良しと判断しました。

6+と比べるとカメラが格段にレベルアップ

iPhone 7 Plus

iPhoneとしては第8世代となる6 Plusからの乗換なので、カメラ周りのレベル向上がやっぱり凄いなぁと。

デュアルレンズもありますが、何より基本スペックが向上していますからね。
解像度は8メガピクセルから12メガピクセルに。F値は2.2から1.8(望遠は2.8)へ。レンズ構成も5枚から6枚になっています。
この他、フラッシュもTrue ToneからクアッドLED True Toneに変更されていたり。

もっぱらニャンコばっかり撮るだけで、大して使い途ないだろとも思うんですが、なんだかんだでより描画性能が高いカメラが搭載されたのは嬉しい限りです。

特にデュアルカメラは個人的にかなり良いと思います。
デュアルカメラについては、以下の記事が非常に勉強になるのでご一読あれ。

被写界深度エフェクトがなかなかおもしろい

でだ。デュアルカメラを搭載する7+のみで実装された「被写界深度エフェクト」が、使ってみると存外面白いんですよね。

ポートレート

カメラの"ポートレート"モードにすることで有効になるんですが、要するに"被写体をくっきりさせて背景をぼかす"という効果を勝手にかけてくれる機能です。
擬似的に一眼レフで撮ったような写真にしてくれると思ってもらえば。

実際に撮影してみるとこんな感じ。

被写界深度エフェクトなし

被写界深度エフェクトあり

上が被写界深度エフェクトなしの状態。下がエフェクトありの状態です。

なかなかきれいに効果が反映されていますね。そこそこ自然な感じがしないでもない仕上がりです。

ただ、これは割とうまく反映された例に過ぎず、実際にはなぜそこがボケる・・・? というような失敗事例もあったりしますし、モノによっては違和感アリアリなボケ方をしたりするという事例もあるんですよね。
まぁ、まだベータ版扱いの機能なので、今後OSアップデートに伴って、徐々に改善されていくとは思うんですけど、それでも面白いことは面白いです。

ただ、今のところ純正のカメラアプリでしか使えないんですよね。
デュアルの切り替えも、サードパーティアプリでは非対応のものも多い状態。

個人的に、最近利用度の高い「Foodie」あたりがデュアル対応してくれると嬉しいんですがねぇ。望遠はメシ写真にこそ使い勝手が良さそうな気がするので。

ゴリゴリ使い倒していきます

とりあえず、まだ触り始めて2日目(完全セットアップが未完了だったので実質1日目)ということで、まだ全然深淵にはたどり着けてませんが、これからゴリゴリと使い倒していきたいと思います。

その前にいろいろアプリの見直しを図らんとなぁと。入れてる割に使わないアプリも結構ありますし、乗換タイミングということでアプリ断捨離を実行しますよ。

Commentsコメントしてもらえると励みになります