巨人が動いたー!

Google Adsenseのポリシーが改訂され、Adsenseタグの改変が一部認められることになりましたよ。
どういうことかというと、例えばレスポンシブデザイン対応などがAdsenseのコードのみで対応可能になったりしちゃうのです。

AdSense Mail Photo:AdSense Mail By Akira Ohgaki

現時点では、まだ英語でのみアナウンスされています。
Updates to our ‘Modifying Ad Code’ Policy - Inside AdSense 

そのうち日本語版でもアナウンスされるかと思いますが、今回のAdsenseポリシー改訂で、以下のことが可能になります。

  • レスポンシブデザインへの対応
  • AdsenseのA/Bテスト
  • 動的カスタムチャネルの設定
  • Adsenseタグの短縮

特にレスポンシブデザインへの対応が可能になったのは、ブログ運営者にとってかなり嬉しい話じゃないでしょうか。

これまではレスポンシブデザインに限らず、例えばスマートフォンデザイン対応で広告タグの出し分けをする場合、PHPを使ったりテンプレートごとに広告を差し替える必要がありましたが、これがAdsenseの<script>タグだけで実現可能になります。

<script type="text/javascript">
    google_ad_client = "ca-publisher-id"; /* Adsense ID */
    width = document.documentElement.clientWidth;
    google_ad_slot = "1234567890"; /* デフォルトのad_slot ID */
    google_ad_width = 320; /* デフォルトのad_slotのWidth */
    google_ad_height = 50; /* デフォルトのad_slotのHeight */
        if (width > 500) { /* ここから条件分岐(幅500px以上だと以下を表示) */
        google_ad_slot = "3456789012";
        google_ad_width = 468;
        google_ad_height = 60;
    }
</script>
<script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

ざっと書いてみましたが、これがAdsenseタグをレスポンシブ化させるコードです。
<script>タグの中で、まずはデフォルトとなるAdsenseのad_slot設定を書き込み、ifで条件分岐して別のad_slot設定に切り替わるようにするんですね。ふむふむ。

ただし、ひとつ難点があって、これは動的な変更には対応していません。
要するにブラウザの幅を狭くしたり広くしたりしても、それに合わせてAdsenseが切り替わらないということです。幅を変えるたびにリロードしないとダメ。

なので、例えばiPhoneで縦向き表示を横向き表示にしても、それでは表示される広告は変わらないということです。
まぁそこまで細かくやる必要あるか? という気がしますけど、収益最適化に燃える人にしてみたらできなきゃ困るという人もいそうです。

上記のコードを含め、新しく可能になったコードは以下のページで確認することができるので、Adsenseユーザーは一読しておくといいですよ。

Modification of the AdSense ad code - AdSense Help 

それにしても、今回のレスポンシブデザイン対応で恩恵を受ける人はかなりの数いるんじゃないでしょうかね。対応がぐっとラクになるだろうなぁというところがチラホラ思い浮かびますし。

個人的に今回のポリシー改訂で、特定サイトのみ許可されている追尾スタイルも開放されないかなと思ってましたけど、これについては引き続きNGのままっぽいですね。残念。
改訂されたとはいえ、ダメなものはダメなままですから、ポリシーはきちっと読んでおきましょう。これアカーン! というものは容赦なくGoogle先生に凍結されて垢バンされること間違いなしです。

Commentsコメントしてもらえると励みになります