「Casetagram」プレゼント企画に当選したから、絶賛デザイン思案中な件

iPhoneなどのオリジナルケースを作成できる「Casetagram」。
そのプレゼント企画を「男子ハック」さんが実施されていたので、受付ギリギリに申し込んでみました。

したらば、なんと今日になって当選の連絡がきちゃいましたよ。にょほほ。

プレゼント企画の記事がこちら。

いやー、まさか当たっちゃうとは思いもしなかったw 最近プレゼント系ラックにはほとんど縁がなかったから余計に当たる気しなかったんですけどね。

「Casetagram」とは?

Casetagram

先ほどの「男子ハック」さんの記事を読んでもらえれば済む話ではあるんですが、一応カンタンに説明しておきましょうかね。

「Casetagram」は、2011年(だったかな?)にリリースされたサービス。
その名の通り写真共有SNS「Instagram」と連携して、好きな写真を使ってiPhoneケースを作ってくれるというものです。
2012年にWebサイドが日本語化されていたんですが、最近になってアプリも日本語化されました。

リリースされた当初から知ってはいたんですが、当時は個人でiPhoneを使ってなかったので、「へぇいいなぁこういうの」くらいにしか思ってなかったんですよね。

当初はiPhoneのみだったんですが、しばらく見ないうちに、ずいぶんと対象機種が増えてますねぇ。iPhoneどころかiPadにiPad mini、さらにはGaraxy SにGaraxy Noteまで。

また、写真もInstagramだけじゃなく、Facebookとも連携できるようになっていて、Facebook内のアルバムからも選べるようになっています。

どうしよう写真が足りねぇ。。。

で、そんな「Casetagram」のプロモーションコードをプレゼントしていただけたわけですが、困ったことに写真が足らん・・・www

Instagramユーザーではありますが、そこまでガシガシ写真撮ってるわけでもなく、現状200枚ちょっとしかありません。
しかも、残念なことに微妙な写真ばっかり。どうせならもう少し撮るように心がけておけばよかったと、いまさらながらちびっと後悔しています。

うーん、さてどうするかねぇーという感じ。
せっかくだからInstagramの写真は使いたいんですけどねぇ。

Casetagram Collection

「Casetagram」ユーザーによって共有されたコレクションを見ていると、割とInstagramの写真にこだわらず、手ずからコラージュした写真やデザインした画像を使っているものも多いので、なんかこの辺りからうまくInstagramでアップした写真も使ったデザインをしようかなぁとか思案中です。

割とスケジュール詰まってる感があるので、そこまで時間かけられないけど・・・。

こういうときに限って、なかなかデザインのネ申さまが降りてきてくれないんですよね。
はやく降りてきてくれよぅ。。

ケースができあがって手元に届いたら、そのケースの写真(あるいは紹介記事)を「男子ハック」さんで紹介してくれるとのことなので、ご迷惑をおかけしない期間でどうにかしたいと思います。

モバデビの最新情報をチェック