Appleが「iOS 12.4」と「watchOS 5.3」を配信開始

Appleが現地時間7月22日に、iOSの最新版となる「iOS 12.4」と、Apple Watch向けOSの最新版である「watchOS 5.3」を同時に配信開始しました。

今回のアップデートによって、古いiPhoneから直接データを転送して移行できる機能が実装された他、新たに日本でも発売されることが決まっているAppleのスマートスピーカー「HomePod」のサポートも含まれています。

iOS 12.4
watchOS 5.3

古いiPhoneから新しいiPhoneへ、ワイヤレスで直接データ移行が可能になる「データを転送」機能はかなり便利なのではないかと思われます。まあ試してみないとわからんですが。

同時にiPhoneとiPadにおけるセキュリティも向上しているとのこと。

また、watchOSのほうは、先日セキュリティの問題があって利用停止となっていた「トランシーバー機能」が、問題を修正して再度利用可能になっています。

いずれもデータサイズが大きいですし、アップデートを実施する場合はWi-Fi環境下であることが望ましいところ。毎度のことですが、セキュリティの向上も含まれますから、しっかりアップデートはしておきましょう。

「iOS」新着記事

iOS 14.6が正式リリース

ホシナ カズキ

「macOS Big Sur 11.3.1」、「iOS 14.5.1」、「iOS 12.5.3」、「watchOS 7.4.1」へのアップデートがリリース

ホシナ カズキ

「iOS 14.5」が正式リリース

ホシナ カズキ

iOS 14.4.2、「重要なセキュリティアップデート」の配信を開始

ホシナ カズキ

iPhone Xの不具合修正を主としたアップデートバージョン iOS 11.1.2

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビはモバイルやウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく