いやー、これ知らんかったわー。マジで便利。
こんなショートカットがあるだなんて。

普段矢印記号を入力するときってどうしてます?
やっぱり「やじるし」って入れて変換でしょうか? いや、実はもっと簡単な方法があったんですよ。

Mac arrow input

もしかしたらスゲーふつーに常識だったりするんでしょうか?
ホントに全然知らなくて、常識だったとしたら超恥ずかしい告白記事でしかないんですけどw

ブログの記事を書く時もそうですが、特に議事録などをザーッと書いたりしていると、矢印記号をよく使うことが多いんですよね。
このショートカットを知るまでは「やじるし」と打ってから変換するというのを繰り返していたんですけど、もっと簡単に打てるショートカットがあったんです。

鍵になるのは「z」キーでした。

上下左右すべてわずか2度のタイプで入力できる!

これ知っちゃうと、ホント変換繰り返すのが馬鹿らしくなります。
なお、入力方式はローマ字入力のときに限られます。英数入力時は無反応だったので。

上方向の矢印記号「↑」

z + k

右方向の矢印記号「→」

z + l

下方向の矢印記号「↓」

z + j

左方向の矢印記号「←」

z + h

この他にも「z」を鍵としたショートカットあるぞ

どうですか? 試してみました? ちゃんと入力できるでしょ?

実はこの矢印記号の他にも、zを組み合わせることで、他の記号もかんたんに入力できちゃいます。

鉤括弧の中に、さらに語句を用いる場合に使う二重鉤括弧(白括弧・『』)の場合は、

z+[ / z+]

のように、日本語入力時の鉤括弧のキーを組み合わせるだけで入力できますし、いわゆる波線(〜)も

z+-

で入力できます。
この他、二点リーダ(‥)、三点リーダ(…)も。

z+, / z+.

特殊入力変換なんてのもある

Google日本語入力には、上のような特殊入力系のショートカットもありますが、特殊変換系のショートカットも存在します。

たとえば、「ばーじょん」と入力して変換を繰り返すと、GoogleJapaneseInput-1.13.1641.1 と、現在のアプリバージョンを変換結果として表示してきたり、「いま」と入力して変換すれば現在の時刻(PCのローカル時刻)を表示したり。

数字を入力して変換すれば2進数、8進数、16進数に変換されたりと、かなりいろいろなキーワードを便利に変換することができるんですよ。

無料のIMだというのにこうも便利なのは、さすがGoogle謹製というべきでしょうか。いやーほんと便利だわ。

Commentsコメントしてもらえると励みになります