音質向上アプリケーション「DPS Plug-In for iTunes」を使い始めたよ

iTunesは音楽管理、音楽再生では誰でも扱いやすい秀逸なアプリケーションなんですが、如何せん音質があんまりよろしくない。ましてやノートPCの内蔵スピーカーならなおさらですよね。

まぁ僕の場合は、以前イベントで戴いた「Olasonic」のスピーカーを使っているので、非常に音質が良いわけですけど。ただ、さらに底上げしたいという欲求もあって、iTunesのオーディオプラグイン「DPS Plug-in for iTunes」を入れてみました。

結論から言うと、とってもイイ!!

入れているのと入れていないのでは、まるっきり違います。
・・・まぁ元々iWowというオーディオプラグインを使っていたので、オーディオプラグインの力はよく解ってたんですけどね。

iWowが突然エラーを吐くようになってしまったので、代替えのプラグインを探していたところ、この「DPS Plug-in for iTunes」に行き当たったわけですが、iWowよりもイイ。

DPS Plug-in for iTunes

見た感じで解るかと思いますが、内蔵スピーカーとか外部スピーカーとかイヤフォンによってアウトプット別に分かれていたり、音楽ファイルだったり動画ファイルを選択できるようになっています。
右側の大きな「B」なボタンが光っているとプラグインが有効になっているという状態です。わかりやすい。

MacだけじゃなくWindows版もあるプラグインなので、「おれWindowsだからなー・・・」なんて意気消沈することなくぜひダウンロードしてみてください。

オーディオプラグインは割と高額なものが多いんですが、このプラグインは通常でも安価なくせに今なら14ドルで購入可能です。

もっと良い音で音楽を聴きたい! という方はトライアルもありますから試してみるといいですよ。

モバデビの最新情報をチェック