ホルダー兼ファイリングな名刺ケース「harrytoree」にホレた!

昨日ウジさん(UJITOMO)のイベントにお呼ばれ、というか急遽スタッフとして召喚されたのですが、その際に戴いた名刺ケース「harrytoree(ハリトレー)」。早速名刺を移し替えてみたのですが、見た目からは想像できない機能性の高さにホレボレ。

誰もが想像するであろう名刺ケースとは異なり、ホルダーとしても使える一方で、そのまま名刺ファイルとしても使えてしまうと言う一挙両得なアイテムなのです。

harrytoree

今回戴いたのは片手で開閉できるワンタッチタイプのTYPE-1のピンクです。ピンク大好き。

harrytoree

素材はPPで、触り心地は結構いいですよ。
色合い的にモレスキンともマッチするので、モレスキン愛用者にお勧めしたいし、モレスキンとセットでギフトとしてプレゼントするのも良さそう。

harrytoree

開くとこんな感じ。大好きなピンクが鮮やか。形状としては名刺ケースっぽくないですよね。

通常よく使われる名刺ケースと異なり、マチの部分にある粘着性シートのところに名刺の側面を当てて貼り付けることで、ばらけることなく持ち運びが可能になっています。

貼り付けると言っても、簡単に貼って剥がせて、さらにまた貼れるという仕様なので、名刺が破れてしまうことはありません。

harrytoree

実際に貼り付けてみたところがこちら。
逆さにしても揺らしても全然取れません。

結構強力な粘着性で、名刺を垂直に引っ張っても取れないほど。取る時は、ノートから紙を切り剥がす時のようにするとスッといきますよ。

と言っても、この表現じゃ解りにくいと思うので、オフィシャルの使い方動画を観てみて下さい。

動画にもあるように、相手から戴いた名刺もスッと貼り付けておけますし、最終的にファイルとして使う際も本のようにパラパラとめくって探すこともできますね。

デジタルで名刺を取り込む派な人には、取り込んだ後の名刺をまとめておくのにも役立ちそうです。

そういえば、名刺サイズのメモ用紙って売られてますが、名刺と一緒に、あるいはメモ用紙だけをharrytorreにセットして、メモ帳代わりにしてもいいかもしれないなぁ。

8/31に製品として誕生したばかりで、今のところ購入先もオフィシャルサイトには掲載されていないのですが、ホントにいいプロダクトですから、欲しがる人は大勢いると思うんで、そのあたりの情報も掲載しておいて欲しいですね。
文具屋でのバイト経験目線で見ても、プロダクトのクオリティ的に文具専門店の伊東屋で展開されてもおかしくないレベルですし、近在の文具店でも取り扱われるようになれば嬉しいなぁ。

追記
あ、因みにFacebookページもあります。この製品がイイ! と思ったら「いいね!」を押して下さいな。

harrytoree | Facebookページ