リーズナブルだけど音もデザインも機能性もいい感じのURBANEARS PLATTAN TOMATO

普段はイヤフォンなんですけど、寒い季節になると防寒も兼ねてヘッドフォンを使っています。
前のが壊れてしまったので、先日から新たなヘッドフォンを探していたんですけど、店頭で「URBANEARS PLATTAN」が、ネット上で見かける最安価格のさらに半分くらいの価格で売られていたんですよ! 思わず即買してしまいましたw

URBANEARS PLATTAN TOMATO

Amazonとかだと最安のもので6000円台後半くらいでしょうか。
これがなんと3000円台前半で売られていたんですよ。そりゃ買うでしょ。

URBANEARSといえば、スウェーデン・ストックホルムに本拠地を置くヘッドフォンカンパニー「ザウンドインダストリー」が初のハウスブランド。
スタイリッシュなデザインとポップなカラーリングが人気ですね。

今回購入したPLATTANはしっかりとしたオーバーヘッド型のヘッドフォン。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

赤というより朱といったほうがしっくりくるカラーリングのTOMATO。
赤系統の色は蘇芳のようなダークな色が好みですが、コレ系の色も嫌いじゃないです。なんつーの? カワイイ赤ですよね。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

ヘッドバンドには「URBANEARS」のタグが付いています。ワンポイントなブラックタグ。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

iPhoneで利用するので、やっぱりマイク&リモコンは欲しいよねって思ってたんですけど、URBANEARSって全モデルで搭載されてるんですね。こういう機能性の良さも兼ね備えてるのはありがたい。

また、コードがゴム系ではなくファブリックなので、鞄の中に入れても絡まりにくいのもいいです。長さも120cmと短すぎず長すぎず、取り回しやすいですね。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

折りたたむのも簡単。両方ともたたむと拳大くらいのサイズ感。
収納しやすく、あまり邪魔にならないコンパクトさもいいですね。
ヘッドフォンとしては小ぶりですし、どっちかっていうと女子向けな感はありますが、頭が小さい僕にとってはピッタリです。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

左のイヤーカップにはジャックがあるんですけど、これは「ZOUND PLUG」というやつで、ここに別のイヤフォンやヘッドフォンを繋いで、ひとつの音源をシェアしながら聴くことができます。

人数分のPLATTANがあれば、ZOUND PLUGで次々と連結することで、全員で同じ音を同時に聴けるわけです。おもしろい。

音質的には低音がちょっとこもるかなぁという印象。高音域はクリアなのでロック系やポップ系には相性が良いと思います。

URBANEARS PLATTAN TOMATO

ついついiPhoneケースの色も揃えてしまいましたw

JOGGOの財布に合わせてターコイズブルーのAndMeshを昨年購入したばかりだったのですが、今回購入したURBANEARS PLATTAN TOMATOに合わせて赤いAndMeshを再購入。

ややAndMeshのほうが濃い目の赤ではありますが、やっぱりこの方がしっくりきます。カラーを揃えるほうが洒落てますよね。

いやー、今回はいい買い物できました。
偶然見つけたところが大きいですが、これも買い物の神さまのお引き合わせだと思って大事に使っていきたいと思いますw

モバデビの最新情報をチェック