子育て世帯の72%が夏休みの過ごし方に「不満あり」という結果

世界初の照明一体型3in1プロジェクター「popIn Aladdinポップインアラジン」を提供するpopIn株式会社が、この夏休みにおける子どもとの過ごし方に関する意識・実態の把握を目的に、全国の親世代1342名を対象としたアンケート調査を実施、その結果を発表しました。

この調査により、全体の72%が「不満あり」という結果が得られたそうです。

【調査概要】
調査目的:子どもとの夏休みの過ごし方に関する意識・実態の把握
調査方法:インターネットによるアンケート調査
調査地域:全国
調査対象:同居家族に子ども(0歳〜高校生以上)を持つ全国の子育て世帯
回答総数:1,348人
調査期間:2021年8月13日(金)〜8月16日(月)

プレスリリース
Q.1 お子様との夏休みの過ごし方に満足していますか?
Q.1 お子様との夏休みの過ごし方に満足していますか?

「やや不満」「不満」と回答した人が約72%ということで、個人的にはこの結果、例年に比べて非常に多いのではないかと思います。
こうしたことになってしまった背景は、やはり新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況にあります。

Q2. 不満の理由は?
Q2. 不満の理由は?

「やや不満」「不満」と回答した人のうち、約70%の人たちがその理由として「行きたい場所に行けていないから」と回答しているように、緊急事態宣言の発出やまん防の指定もありますが、何よりいつどこで感染するかわからないからこそ、自発的に外出自粛せざるを得ないという実態が浮き彫りになりました。

まあ、この状況下なのでむしろその判断は正解。なのだけど、やっぱり思うように外出ができないというのは子どもの発育上いかがなものかとも思いますし、自我のある小さい子であればあるほど、外出できないことでストレスが溜まりやすくなる。親はそんな子どもの感情がぶつけられ、ダブルパンチなストレスが溜まっていくという悪循環になりやすいわけです。

我が家の場合、子どもが保育園通園なのでそもそも夏休みがないこと、父である僕はフリーランスなので、明確に盆休みとか夏休みというものは設けていないこと、母である妻さまは現在外資系某IT企業に勤務してることもあり、こちらも盆休みという概念がなくまとまった休みはないので、夏休みゆえに困るということはないものの、それでも毎週末の休みに関しては、同じように外出しづらいこともあって、どうするかというのは夫婦間でもしょっちゅう話題になります。まあ結果としては人のいないところへ自転車で・・・という感じになるのですが、梅雨時期だったり台風だったり秋の長雨だったりの時期はどうにもならんのですよねえ。ほんと困る。

Q3. 今年の夏休み、お子様とどこへ出かけましたか?
Q3. 今年の夏休み、お子様とどこへ出かけましたか?

そんな中、みなさんどこへ行かれるのだろう? と思うわけですが、似たような条件のご家庭だと、最も多いのが「ショッピングセンター」という結果に。ついで「公園」、「祖父母、親戚宅」と続いていました。

はあ、なるほどーとは思うものの、ここのところの感染状況を見ていると、正直ショッピングセンターは非常に行きにくいんですよねえ。むしろよく行けるなというのが率直な感想。
我が家は徒歩圏に「テラスモール湘南」がありますが、ぶっちゃけ施設内の各店舗で相次いで感染者が出ていることもあり逆に行かなくなってしまいました。

感染者の続出の背景としては、地元以外からの来客の多さがあるのかなと思います。横浜ナンバーや都内のナンバー、はては地方のナンバーを付けた車がめっちゃ多いですからねえ、この時期。
先日辻堂海水浴場が休場となりましたが、それでも海目的の人が多くやってきているというのもあるんでしょうけど。
それもあって辻堂海浜公園もちょっと子連れで出入りしにくい。屋外でも感染リスクは大して変わらんという調査結果も出ていますからねえ。

せいぜいほんと近くの小さい公園とか、自宅横で三輪車の練習させたりするくらいしか外遊びできていないので、かわいそうなことをしてしまっているなと常々思っています。

Q4. 夏休み中にお子様と行きたくても行けなかった場所はどこですか?
Q4. 夏休み中にお子様と行きたくても行けなかった場所はどこですか?

子どもと行きたくても行けなかった場所に関しては「観光地へ旅行」というのが最も多く、約66%の人が回答しています。ついで「遊園地、テーマパーク」、「海」、「水族館」、「祖父母・親戚宅」と続く結果に。

わかる。わかるわー。

こういう状況下でなければ、おそらくどこか旅行でもという感じで、保育園休ませて出かけていたと思うんですよ、我が家も。遊園地とかテーマパークも確かにそのとおり。おぼろげながらも楽しい場所というのがわかる時期なので連れて行ってあげたいのはやまやまなのですが、やはり感染リスクを考えると行けずじまい。そのため初めての遊園地もまだ実現できていません。

海は近いので、それこそ自転車でちょっと海沿いを走ったりはできますけど、まだ本格的な海遊びはさせられてあげないし。夏祭りや花火大会は昨年に引き続き軒並み中止になっているので、当然それらもちゃんと見せられてあげないというのは、ほんと悔しいの一言です。

Q5. 夏休み、お子様と自宅でどう過ごしていますか?
Q5. 夏休み、お子様と自宅でどう過ごしていますか?

最後の質問は「夏休み、お子様と自宅でどう過ごしていますか?」というもの。外出もままならない状況下で、家の中でどう過ごすのかというのは、同じ親世代として気になるところ。
回答で最も多かったのは「一緒にテレビを見る」というもの。ついで「一緒に映画を見る」とありますが、やってることとしては一緒ですね。

確かにテレビ見せちゃうんですよねえ。あんまりいいことじゃないなと思うのですが、Eテレを中心に「おかあさんといっしょ」のDVDやら、YouTubeで配信されてる子ども向けの各種動画とか。
できる限り時間を決めて、長時間ダラダラと見せるということは避けてはいるものの、やっぱり目には良くないだろうなあと思っています。

このほか身体を使った遊びも。最近は子ども自身がクッションやらロースツールなんかを組み合わせてアスレチックのように飛び跳ねていて、それはそれで体力使えてるっぽいので、まあいいかとなっている面もありますが、やっぱり外で思い切り遊ばせてやりたいもんです。

いや、それにしても同じように悩んでいるご家庭が大多数。どうも、こう閉じこもってばかりだと「あれ、うちだけなのかしら?」みたいな観念に囚われがちなのですが、そうではないということがこの調査結果で再確認できたのはありがたい。

小さい子の子育てにおいて、今の御時世は非常に不便ではありますが、どうにかこうにか工夫をしてできる限り子どもにストレスを与えないようにしていきたい所存。
いまのところいつになることやらわかりませんが、今の状況が良い方向に変わっていったその時は、それこそこれまでできなかったことを中心に、もっといろいろなことを体験させてあげたいものです。

via. プレスリリース

「育児」新着記事

50秒に1個売れた大ヒットスマートトランポリン「シェイプキューブ」が子育て支援大賞を受賞

ホシナ カズキ

ベビー用スキンケアブランド「ママフィ」が日焼け止め「ママフィ UV スキンケアミルク」を発売

ホシナ カズキ

うちの子が気に入ったのは天然木の歯固めでした

ホシナ カズキ

ポケモン公式ベビーブランド「monpoké」が登場して我が家的に胸アツな件

ホシナ カズキ

「おそとでノーマット」で虫除けが必須の季節になりました

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビはモバイルやウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく