スタジオ感覚懐かしいw 「コサキンDEラ゙ジオ゙!」で爆笑した

最近のお笑い番組はホント微妙というか、あんまり笑えないというか。
まぁ個人的な嗜好にも左右されるものなのだし、あれが面白いという人もいるから放送されてるわけでしょうけど、やっぱり個人的にはあんまり・・・。

そんな僕がとっても爆笑してしまうDVDが発売されまして、ありがたいことにポニーキャニオンさんがサンプルDVDを送ってきてくれました。
それが「コサキンDEラ゙ジオ゙!」です。

「コサキンDEラ゙ジオ゙!」は現在BS朝日で毎週木曜23:30から放送されている番組。

関根さんと小堺さんが27年続けていたラジオ「コサキンDEワァオ!」のテレビ版と言っていいのかなぁ。まぁ局が違うので厳密には別物ではあるんですがね。

「コサキンDEラ゙ジオ゙!」

要はラジオをテレビでやっちゃおうよ! というのがコンセプトなわけですけど、これがホントに面白いのです。

映像的には3カメ構成でほぼ固定。ラジオブースを使って収録しているので、セットもなし。なんというか一目で低予算というのが判りますw
でも「コサキンDEワァオ!」のスタジオに毎週出入りしていた僕にとっては懐かしい風景。

で、何が面白いの? ってなるわけですけど、そりゃもう当然ラビーとムッくんのトークがです。もうね最高。

当初テレビでコサキンをやると聞いた時は、BSとは言え、テレビ的にどこまでいけるんだろ・・・と心配しちゃうようなレベルのトークが、ほぼまんま流されてるんですねー。ひっでーくっだらねートークが縦横無尽に展開されてるんですよww

DVDの構成的にはだいたい3〜5分くらいのワンテーマごとに区切られています。

3/15に発売済の「クロ盤」には24本のトークやコント的なコーナーがどどっと収録されていました。斉藤清六さんとか高田純次さんのエピソードトークは印象的だったなぁ。

また、「グレ盤」(クロ盤・グレ盤ってのはクロコとグレコからだろうな)が6/15に発売されるのですが、今回はこちらのサンプルDVDも送っていただきました。

「グレ盤」も「クロ盤」同様、ワンテーマごとに区切られていて、29本収録されています。大将こと萩本欽一さんのエピソードトークや伊東四朗さんの「おしん」にまつわるエピソードトークとか、こっちもすげー面白かったですねぇ。

個人的には「コサキンテレフォンお悩み相談」のデヅガオザムジは、結局最終的にどうなるのか気になって仕方がないのですが、まぁ終わりはないんだろうなぁ、あの2人のことだからww

兎にも角にも往年のコサキンファンはもちろん、コサキンは知らないけどラビーとムッくんのトークの面白さを体感したいという超ビギナーな人にもオススメできる内容です。
間違いなく笑い倒せますよ。久々に爆笑しすぎて家人に「あんただいじょうぶ・・・?」と心配されるレベルでしたから。

あー、久々に収録現場におじゃましたくなってきたwww

[amazon asin=”B004GGST8O” type=”banner”][amazon asin=”B004RDWH5C” type=”banner”]