Google Chromecastをフツーに購入したので開封の儀を執り行った件

昨晩書いたように、本日より日本でも発売となったGoogleのストリーミング端末「Google Chromecast」。

渋谷の家電量販店に行ってみたところ、フツーにしかも大量に販売されていたので、サクリと購入してきちゃいました。
というわけで早速開封の儀を執り行いましたよ。

Chromecast 開封の儀

店頭でフツーに買えたw

朝9時から発売開始ということで買い逃し間違いないなぁと思いつつ、昼ごろにAmazonを開いたところ、見事にマーケットプレイスからのみ買える状態で、価格も倍以上の9800円前後というとんでもない状態でした。
当然のようにこの段階での購入は中止w

そこで、今日は臨時の「Blog Crowd」をオープンするため、たまたま渋谷へ出てくる予定だったので、ついでに渋谷のビックカメラに行ってみたところ、別段フツーに販売されていました。在庫たっぷり。

普通に置いてあったw

ホシナカズキさん(mbdb)が投稿した写真 –

ホントフツーに、1Fの奥に置いてありました。カード持ってレジに行けば出してくれます。

なお、現時点でAmazonの在庫も戻り、現在はこちらもフツーに購入できます。まぁ、注文してからの待ち時間がないという点では家電量販店で買っちゃったほうがいいかもしれません。価格変わらないし。

[amazon asin=’B00KGVN140′ type=’banner’]

いざ開封じゃー!

Chromecast 開封の儀

箱側面には「テレビにさして→Wi-Fiつなげて→たのしむ」というとてもシンプルすぎるくらいシンプルな三段論法な説明。

とりあえず開封は動画にしてみました。

Chromecast開封の儀。

ホシナカズキさん(mbdb)が投稿した動画 –

箱からして小さい。そして中身はもっと小さい。

Chromecast

こちらがChromecast本体。ホントUSBメモリ程度のサイズしかない。
まぁそもそもChromecastはApple TVのように単体で映像を楽しめるようなアイテムではないですから、このサイズで十分なんでしょうね。

Chromecast 開封の儀

箱の中には、Chromecastに電源を供給するためのUSBケーブルと、テレビにUSBの差込口がない場合に備えたACアダプタ、それとHDMIの延長コードが付属しています。

とりあえず、現時点ではまだCrowd Spaceにいるため、実際にテレビに差し込んで試すというところまではできない状況。続きは戻ってからですな。

ふーむ楽しみ楽しみ。リビングのテレビに挿してどんな感じなのか遊んでみたいと思いますよ。場合によってはもうひとつ買って自室用のテレビでApple TVと併用するかもしれません。

[amazon asin=’B00KGVN140′ type=’banner’]

モバデビの最新情報をチェック