万能系コンデジが欲しくなったので「OLYMPUS STYLUS 1s」を購入してみた件

ここ最近、ちらほらとちょっと遠出する系のことが増えました。オジ旅だったり、先月頭に取材したtokyo島旅山旅だったり。
ちょっとそういうのが重なったこともあって、年をまたぐ前に1台万能系コンデジを再購入しようかなと思いたち、検討の結果オリンパスの「STYLUS 1s」を購入してみました。

OLYMPUS STYLUS 1s

OLYMPUS STYLUS 1s

2014年11月発売と、登場からおよそ1年ほど経っている機種。
リリース直後はだいたい7万円くらいと、いわゆる高級コンデジの価格帯でしたが、1年も経つと値段もこなれてきて、現在は4万円くらいで購入できます。
ちなみに僕はもう少し安めの価格で購入しました。

さて、この前モデルである「STYLUS 1」と同様、“手のひらサンニッパ”を実現した「STYLUS 1s」。サンニッパとは80年代に35mm一眼レフ用交換レンズで人気の高かった「300mm F2.8」のことです。

本機は35mm換算で28〜300mm(デジタルテレコン使えば600mm)をF2.8で撮影可能というカメラなんですね。明るいレンズは正義。

センサーサイズは1/1.7ですし、画素数も1200万画素程度と、最近の高級コンデジからしてみると「ちと微妙なスペック?」という感がしないでもないですが、いろいろ写真共有サイトなどで本機で撮影された写真を見て検討した結果、ブログへの掲載やソーシャルへの投稿には十分すぎると判断しました。

OLYMPUS STYLUS 1s

それにですね、やっぱりビューファインダーが付いてるってのがイイ。
STYLUS 1s」はEVFなのですが、144万ドットもあるので、実際に覗いてみるとかなりきれい。アイセンサーも採用されているので、背面モニターとの切り替えもスムーズです。

2015-12-03 21.27.51

実際にEVFを撮影してみたわけですけど、普通にファインダーで見るのと遜色はあんまりありません。多少の違和感はありますけど、それは目をよーく凝らして見た時の話で、それ以外ではほとんど気になりません。

カメラのデザインはOM-Dを彷彿とさせるところがあり、レトロっぽい無骨さのあるフォルムとか個人的にもどストライク。

購入からちらほら写真を撮ってますけど、全体的には概ね満足。
まだカメラの癖が把握しきれるほど使い込んでいないので、多少の色味の違和感とかはありますが、この辺は撮っていくうちに慣れてくるでしょう。

とりあえずのファーストインプレッションとしては、買って正解な万能コンデジだなぁといったところですね。

実際に撮ってみたのをいくつか

ってことで「STYLUS 1s」を使って撮影してみた写真を少し公開。
基本的にはプログラムモードでカメラ任せ。無加工の状態です。

2015-11-30 16.11.55

2015-11-30 18.06.45

2015-12-02 19.48.28

2015-12-01 00.48.45

2015-12-01 00.49.11

やっぱり明るいレンズで300mmまで寄れるのはいいですね。
もっと明るいレンズには勝てませんが、ボケ味もまぁまぁいい感じ。

特にちょっと暗めでもF2.8くらいあれば、シャッタースピードも稼げますし、やっぱりコレは買って正解でした。


ってなわけで、早速どこか軽く近場旅をしたいところ。
この間のtokyo島旅山旅以来、なんか旅行きたい感が強まっているので、機会があればぜひともサクリと旅立ちたいです。