iPhoneの音楽がまるでライブ! ミュージックアプリ「LiveTunes」

iPhoneにおける音楽再生は以前紹介したアプリ「UBiO」が最強すぎるわけですけども、今回紹介するアプリもなかなか凄いですよ。

指先ひとつでiPhoneから流れる音楽が、満員のアリーナやコンサートシアター、Dive Barなどで聴いているかのような音響に変化してしまいます。

LiveTunes

その名も「LiveTunes® コンサートシミュレーター」。

LiveTunes

曲の再生画面は他のミュージックアプリとほぼ変わりありません。
AirPlayにも投げられます。

再生画面右上にある「Venue」をタップすると、

LiveTunes

こんな感じで音響を変化させるメニュー画面に遷移します。

用意されているのは、

  • Sold Out Arena(満員のアリーナ)
  • Rock Stadium(ロックスタジアム)
  • Concert Theater(コンサートシアター)
  • Holliwood Club(ハリウッドクラブ)
  • Dive Bar(安っぽいバー)

という5種類。上の3つはわかるんですが、「Hollywood Club」と「Dive Bar」いうのがよくわかりませんね。

まぁ、聴いてみた感じ「Dive Bar」は結構狭い場所でものすごくこもった音っぽい感じ。割と好きです、こういう音響。

どの音響設定もイヤホンしてないと、ちょっとわかりづらいかもしれませんが、イヤホン付けて聴いてみると、どれも音響に変化があります。

また、音響設定に合わせて歓声とかも聞こえてくるんですが、これがまた地味に臨場感を煽る演出になってます。
特に「Sold Out Arena」は、曲の歌い出しのタイミングで歓声が強まったりw

「UBiO」とは、また異なる方向性で音楽を楽しめるミュージックアプリではないかなと思います。
「あのアーティストのライブ行ったことないけどこんな感じかなぁ」みたいな妄想しながら聴くと面白いかもしれませんね。

モバデビの最新情報をチェック