WordPress 4.0 β1がリリース! いろいろな新機能が出るっぽい件

正式版リリースまであと1ヶ月半くらい。
WordPressの次期バージョンである4.0のβ1がリリースされました。

まだまだ本番サイトでの利用はオススメできませんが、ビジュアルエディターを始めとして、いろいろと新機能が盛り込まれているみたいですね。


正式版がリリースされました!


WordPress LogoWordPress Logo Photo by Phil Oakley

だいたい3〜4ヶ月に1度のペースでメジャーアップデートされるWordPressですが、次期バージョンである4.0は8/27にリリースされる予定となっています。

今回リリースされたのはその最初のベータ版。

本日時点ではまだ英語版のみの提供ですが、日本語版のβ1もすぐにリリースされると思われます。

次期バージョンではいくつかの新機能や既存機能の改善が行われていて、ベータ版では以下の内容をテストすることができるとのこと。

  • ビジュアルエディタ及びメディアモーダル「URLから挿入」タブでの、URLからのEmbedプレビューに対応。
  • メディアライブラリにグリッド表示追加。モーダルウィンドウを閉じることなく項目間をナビゲーションできるように。
  • プラグインインストールエクスペリエンスの刷新。
  • インストールプロセスにおける言語の選択。
  • エディターがスマートにリサイズ。必要に応じて上下バーに固定されるように。
  • TinyMCEビューのインタラクションを改善。
  • カスタマイザー内のウィジェットが別個のパネルで読み込まれるように。
  • 文章フォーマット関連の関数を変更。

エディタ周りがいろいろと変更されてるみたいですね。
僕の場合、MarsEditでの投稿がメインで管理画面から更新することがほぼないのですが、クライアントさまのことを考えると、正式版リリースよりも前に触っておきたいところです。

日本語版リリースされたらちょっとテストサイト用意しようそうしよう。

[amazon asin=’4800710197′ type=’banner’]

モバデビの最新情報をチェック