#mbdbPR

フルワイヤレスイヤホンなのにお値段は1万円以下! お手頃価格が嬉しい「QCY Q29」

AirPodsをはじめ、左右独立型のフルワイヤレスイヤホンもいろいろ出てきましたが、やっぱりネックはそのお値段でしょうか。
どれもこれも1万円超えというのが普通なのですが、先日レビュー用にご提供いただいた「QCY Q29」は、なんと1万円を切り、Amazonでは7000円前後で購入可能というお手頃感のあるワイヤレスイヤホンです。

QCY Q29

外箱どーん。左右分離型Bluetoothイヤホンと大きく明記されていますが、実はこの価格でありながら、さらにDSPスマートノイズキャンセルまで搭載されています。

QCY Q29

パッケージを開封してみると、イヤホンが収められた充電ケースとイヤーチップ、それと充電用のケーブル、簡単ペアリング方法を記載した用紙が収められています。あ、もちろんちゃんと説明書も付いてますよ、小さいけど。

QCY Q29

充電ケースをパッカリ開けると、イヤホンがお目見え。
ケース自体の触り心地は、ややチープ感はあるものの、作りとしてはしっかりしている印象ですね。

大きさは掌に収まる程度なので、持ち運びに特に難はないかと思われます。

ちなみに充電ケースそのもののフル充電には4時間ほど、イヤホンは1時間ほど時間がかかるとのこと。AirPodsのように急速充電的なことはできません。

QCY Q29

ケースから出してみたところ。形状としては全体に丸みを帯びていて、コロコロしていて可愛らしいですね。重さは片耳分で約5gほどなので、AirPodsとさほど変わらんくらいです。

イヤホンそれぞれにRとLがこっそりとわかるようになっているので、あんまり間違えることはないかなと思います。なお、最初の使用開始時にイヤホンに付いた絶縁シートを剥がす必要があるので、忘れないように剥がしておきましょう。剥き剥き。

QCY Q29

実際に着用してみるとこのようになります。結構こんもりしているので、存外目立つかも。

AirPodsと違ってカナル型なので、密閉性という点ではこちらのほうに軍配が上がります。僕はデフォルトのイヤーチップでかなりピッタリ。

ペアリングがちょっとめんどい

めんどいというほどのものはないのかもしれませんが、AirPodsに慣れているとどうも面倒に感じられるというか。

QCY Q29はメインイヤホンは右耳のものとなっていて、ペアリングする場合は右用のイヤホンを取り出し、接続したいデバイスとペアリングします。
その後、左用のイヤホンを取り出し、右用のイヤホンに近付けることで、左右それぞれがさらにペアリングされるという構造なのですね。

言ってみればペアリングを2度しなければならないわけで、状況によっては左右のイヤホン同士のペアリングがうまくいかなかったりすることもあって、余計に面倒さを覚えるというか。

価格帯から言って、そこまで求めるのは酷なのかもしれませんが、せめてこのあたりどうにかならんかったんかなぁとボヤきたくなりますね。

音質は可もなく不可もない

そもそもフルワイヤレスイヤホンって、そこまで音質の良さを求められるものって少ないんじゃないかと思うんですが、まぁユーザーにしてみればやっぱりいい音で聴けるに越したことはないわけで。

で、QCY Q29ですが、音質としては可もなく不可もない感じ。
もちろんAirPodsとかと比較したらかわいそうなレベルではあるものの、別にこれと言って悪すぎるということもないです。

まぁ、あんまり音質重視なユーザーには向かないとは思います。

音質よりも利便性を取りたい人には入門機としてオススメ

基本的にはまさしくこれ。利便性重視の人にはオススメしたいフルワイヤレスイヤホンだといえます。音質を取りたいなら、やっぱりそれなりのお値段のものを購入するほうが無難と言えるでしょう。

コスト的に言えば、AirPodsの半額以下ですし、フルワイヤレスイヤホンに興味はあるけど、なかなか手が出ないという人にはちょうどいいのではないかなと思いますよ。

片耳のみ利用したり、ハンズフリー通話に使うこともできるので、音楽を聴く以外の使用に重点を起きたいという場合にもいいかもしれませんね。