新会社として初の新機種「OLYMPUS PEN E-P7」を発売すると発表

マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼

オリンパスの映像事業がOMデジタルソリューションズに移り、事業開始となったのが2021年1月1日のこと。あれから約半年を経て、「OLYMPUS PEN」シリーズの新機種を2021年6月25日に発売することが発表されました。
PENシリーズとしては2019年以来、E-Pシリーズとしては2013年の「OLYMPUS PEN E-P5」以来となる新機種です。

OLYMPUS PEN E-P7
OLYMPUS PEN E-P7 (プレスリリース素材より)

今回発売される「OLYMPUS PEN E-P7」は、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼。
好みの表現に仕上げられる「プロファイルコントロール」を備え、2000万画素Live MOSセンサー、ボディ内5軸手ブレ補正といった高い基本性能を有しているとのこと。
OM-Dシリーズのプロフェッショナルモデルに搭載される「顔優先/瞳優先AF」も備えているので、横顔やうつむいた顔といった一部が隠れた状態でも顔と瞳を自動検出して合焦し続けます。

また、センサーと高速処理可能な画像処理エンジン「TruePic VIII」との組み合わせで、M.ZUIKOレンズの高い描写力を最大限に引き出して撮影が可能になっているそうです。

OLYMPUS PEN E-P7 (ホワイト)

カラーバリエーションはシルバーとホワイトの2種類。
どちらもシンプルで上質なデザインを徹底的に追求し、フロントとリアの各ダイヤルはアルミ削り出し。細部のディテールに至るまで作り込まれたデザインになっています。
いいですね、個人的にこういうカメラは大好きです。

OLYMPUS PEN E-P7

ボディーは単体だと337g、標準ズームレンズである「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」と組み合わせても430gと非常に軽量なのも特徴。

OLYMPUS PEN E-P7

背面モニターはチルト式になっているので、自撮りもかんたんに行なえます。

CS-54B及びCSS-S109LLII、LC-60.5GLを装着した状態

同時にアクセサリとして本革ボディージャケット「CS-54B」も発表されました。こちらもカラーはブラックとホワイトの2色。カメラに装着したままでも背面モニターを動かすことができる作りになっているそうです。既存の別売りアクセサリである、レンズジャケットやショルダーストラップと組み合わせることができます。

価格はオープンとなっており、店頭予想価格はボディ単体だと94000円前後、14-42mm EZレンズキットが108000円前後。アクセサリのボディジャケットは税込6188円です。

すでにAmazon.co.jpでは予約が開始となっていました。ほぼ予想価格通りで購入できそうですね。

OLYMPUS PEN E-P7 ボディーシルバー

OLYMPUS PEN E-P7 ボディーシルバー

84,150円(06/16 17:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
OLYMPUS PEN E-P7 14-42mm EZレンズキットシルバー

OLYMPUS PEN E-P7 14-42mm EZレンズキットシルバー

97,020円(06/16 17:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

なお、同日には新しいレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」が発売されることも同時に発表されています。

via. プレスリリース

「ガジェット関連ニュース」新着記事

NEW

ポートレート撮影に最適な大口径レンズ「7Artisans 55mm F1.4 II」が新登場

ホシナ カズキ

OMDS、超広角から標準までカバーする「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」を発売

ホシナ カズキ

ambieの完全ワイヤレスイヤホン「TW-01」、2021年6月10日より予約開始

ホシナ カズキ

HHKB 25th Anniversary第1弾イベントとして「カラーキートップ新色募集キャンペーン」を開催中

ホシナ カズキ

TTArtisan(銘匠光学)、17mmF1.4の広角単焦点レンズの販売開始

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビはモバイルやウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく