焼き芋食べたいがために3000円ホームベーカリーを購入しちゃったよ

ネタフル」のコグレさんが購入して記事にしていたAmazon限定のツインバード工業製のホームベーカリー。3000円台ととんでもなくお手頃価格だったことと、これからの季節に嬉しい焼き芋や餅が作れると聞いて、家人と相談して購入してしまいました。

ブツが到着したので早速焼き芋作っちゃいましたよ。

3000円ホームベーカリー

購入と言っても、実際はAmazonのポイントだけで購入したので実質負担はゼロだったりするわけで、あんまり正当に買った気がしないわけですが、まぁそれは置いておくとして。

製造元のツインバード工業とAmazonによる限定製品らしいですね。
型番は「PY-4436AZ」となっていますが、限定製品のためかツインバード工業のウェブには掲載がありません。
元になっている製品は「PY-4435W」という型番のもののようです。本来なら1万円くらいの製品なのに3000円台で購入できるとは・・・。


というわけで早速開封。

3000円ホームベーカリー

箱を開けると説明書やらレシピブックやら。

3000円ホームベーカリー

上からの見た目はなんだか炊飯器を彷彿とさせます。

3000円ホームベーカリー

取り出してみたところ。あ、やっぱり炊飯器っぽいな。
ちなみに大きさとしては5.5合炊きの炊飯器より少し大きいくらいでしょうか。

蓋を開けると中に計量カップやら小物が封入されてますよ。

せっかく届いたので、当初の予定通り早速さつまいもを放り込み、焼き芋を作ることにしました。


3000円ホームベーカリー

近所のスーパーで4本入り98円で売ってるさつまいもを半分に切って投入。細めのさつまいもだったので、4本全部入れちゃいました。

3000円ホームベーカリー

続いて焼き芋用の中蓋をのせます。

3000円ホームベーカリー

メニューボタンを連続押下し、10番目のメニュー「焼きいも」をセット。
芋を切って投入して蓋してメニュー設定。やることはこれだけです。

3000円ホームベーカリー

あとはスタートボタンをポチッとな。焼き芋の場合、焼きあがるまで2時間掛かります。

15分ほどすると徐々に芋の焼ける香りがふんわりと漂ってきますよ。しばらくすると香りは収まりますが、いやがおうにも焼き芋への期待が高まりますな。


はい。というわけで2時間経つと出来上がりのアラームがなるので、火傷に注意して取り出します。

3000円ホームベーカリー

おおおおおおおおおおお焼き芋だー。ちゃんと焼き芋になってますよ見た目は。

3000円ホームベーカリー

皿に取り出してみました。ふあああああいい焼き色じゃないですかー。

めちゃくちゃ熱いんですが、我慢がきかなかったので、早速バターとともに頂きます。

3000円ホームベーカリーで作った焼き芋

ほああああああホックホクやー。石焼き芋に遜色ないレベルでホックホクやでー。
皮ごとバクバクいっちゃいましたが、外側のカリカリ感と内側のホクホク感がたまらん。

いやーびっくりですよー。こんなにしっかりした焼き芋ができちゃうなんて。
これは非常にいい買い物です。安いさつまいもでも十分すぎるくらいの美味しさ。これはぜひ安納芋とか種子島蜜芋とか買って焼いてみたいなー。とんでもなく美味しい焼き芋作れそうですもん。

近々試すつもりですが、コグレさんの記事見てると餅もかなり美味そうなんですよね。
正月シーズンにはつきたての餅でお雑煮ってのも良さそう。

本来の機能であるパン作りも含めて、いろいろと楽しめそうなのでこれからガンガン活用していきたいと思います。とりあえず明日もさつまいも買わないとだなぁ。

[amazon asin=’B00AY71PE4′ type=’banner’][amazon asin=’B005C7UVGE’ type=’banner’][amazon asin=’B0074CZXRC’ type=’banner’]