リンクパーツとして「Embedly」を使うのはいいかもしれんね、という話

以前、当ブログで先陣切って紹介したはてなの「ブログカード」。OGPにも対応しているので、外部リンク先で設定されているサムネイルや概要をサクッと表示させるリンクパーツとしてポピュラーになりましたよね。
そんな中、「Embedly」にも同様のリンクパーツがいつの間にか登場しておりました。これがなかなか良さげなのです。

Embedly

厳密に言えば、以前からあるものなのですが、いつの間にやら「Card」という機能名称となっておりました。これを使うことで、今回紹介するリンクはもちろん、YouTube、Vimeoといった動画共有サービスや、Flickrなどの写真共有サービスなど、いろいろなコンテンツをカード形式で表示させることができます。

貼り付けるコードはかなり単純で、アンカータグとスクリプトタグの組み合わせになっていますが、サイト上ではiframeとして展開されるようになっています。

マウスオーバーすると、Facebook、Twitter、Pinterestにシェア・ポストすることができるようになっています。

デザイン的にもブログカードより目立つ感じになりますね。

しかし、それよりもなによりも、はてなブログカードではなくEmbedlyカードを採用することで、フィードにおける表示崩れもなくなりますし、リファラが残らん問題も解消されるんじゃないかと思われるわけです。

ちなみに、しっかりブックマークレットも用意されているので、ブラウザに登録しておけば、リンク作成時にわざわざアクセスしてURL入れて・・・っていう手間も必要なし。これはいい。

CSSでの調整もできますし、次なるリンクパーツは間違いなくこれになるんじゃないかなーと思います。
ということで、今のうちにEmbedlyを使い始めてみるのはいかがでしょうか?