iOS 8はSafariからのPocketもEvernoteのクリップもラクラク! これはいい進化だなぁ

むむむ、これはホント便利。iOS 8のSafariから追加された新機能がすごくイイ

対応しているアプリに限られますが、Safariのシェアメニューに好きなサービスを追加して、わずか2タップで閲覧しているサイトを送信することができるようになりました。はてブしたりPocketに登録したりEvernoteにクリップしたりがラクラクですよ。

iOS 8 safari

これまでAppleはOSとアプリの連携について、サードパーティに開放してこなかったんですが、iOS 8からはその解放されていなかったところが、キーボードなどを含めサードパーティに開放されたんですねー。

それによって、今回のSafariの拡張機能も実現したわけです。ユーザー的には待望の機能が漸く登場というところですね。

使い方というか使えるようにするための条件はふたつ。
ひとつはSafariの拡張に対応したアプリをインストールしていること、もうひとつはSafariで拡張に表示するよう設定を変更することです。

対応しているアプリはいろいろあるようですが、僕の常時利用しているアプリだとPocket、Evernoteでしょうか。あとははてなブックマークの公式アプリも対応しています。

iOS 8 Safari拡張機能

まずはSafariのツールバーにあるシェアアイコンをタップします。

iOS 8 Safari拡張機能

これまでだとメッセージ、メール、Twitter、Facebookに対して閲覧しているページを投げ入れることができたわけですが、ここで[その他]をタップします。

タップすると、アクティビティという画面が表示されるので、

iOS 8 Safari拡張機能

ここでシェアメニューに表示させたいアプリをオンに変更します。この場合だとPocketとEvernoteですね。並び順も任意に変更できます。

iOS 8 Safari拡張機能

このようにシェアメニューにオンにしたアプリが表示されるようになりました。
あとは閲覧しているページで、シェアボタンをタップ→Pocket/Evernoteをタップすれば、閲覧中のページが送信されます。

Evernoteの場合なら、テキストを選択した状態で操作すれば、選択部分のみクリップすることも可能です。

iOS 7まではブックマークレットを使わないと実現できなかったことも、iOS 8からは面倒なことをせずとも、アプリをインストールしてSafariで機能をオンにしてやるだけでサクリとできちゃうわけですね。

PocketなんかわざわざURLコピーしてアプリ切り替えて登録してたことを考えると、なんて簡単になったことか・・・。嬉しくて泣けますね。

今後のiPhoneブラウジングがかなり捗ること間違いなしですよ。

モバデビの最新情報をチェック