GoogleウェブマスターツールがGoogleサーチコンソールへ名称変更

Web系の人には馴染み深い、Googleウェブマスターツール。
ブログをやってる人も、多くは利用したことがあるんじゃないですかね?

このウェブマスターツールが、このたび名称を変更して一新。
Web制作者だけでなく、Google検索に関心を寄せる全ての人向けのサービスとして展開していくそうです。

Google Logo in Building43Google Logo in Building43 Photo by Robert Scoble

新名称は「Google Search Console」だそうです。

上記の記事によると、

従来のいわゆる「ウェブマスター」は、ウェブマスター ツールのユーザーの一部でしかないということがわかってきました。ウェブマスター ツールは、小規模事業主から、SEO の専門家、マーケティング担当者、プログラマー、デザイナー、アプリ デベロッパー、個人のサイト運営者、そしてもちろんウェブマスターまで、さまざまな方々にご利用いただいていたのです。すべての方々に共通していたのは、「作ったものをオンラインで公開したい、Google 検索ですぐに見つかるようにしたい」という気持ちでした。そこで、Google ウェブマスター ツールの名称を Google Search Console に一新し、Google 検索に関心を寄せるすべての方々を対象にサービスを提供することになりました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: “Google Search Console” – ウェブマスター ツールが新しくなりました  より引用

とあったのですが、もうだいぶ以前からユーザー層はそんな感じだと認識してたんじゃ・・・? という気がしないでもないですね。

いずれにしても“ウェブマスター”という枠を超えて、多くの人が利用しているということから、今回の名称変更へ至ったようです。

また、名称変更だけにとどまらず、サービスの拡充を図っていくみたいですね。どんなのが出てくるのか楽しみだなぁ。

なお、今回のサービス変更は今後数週間をかけて順次公開予定だそうです。

Google Search Console

さきほどアクセスしてみたところ、キャプチャのように「Search Console」というタイトルが表示されていました。URLは今のところ変更なし。

ここから変化があるんでしょうか。しばらく様子を見て行きたいと思います。

Google Search Consoleへは、g.co/SearchConsoleから利用できるそうですよ。