Facebook「いいね!」が「ええやん!」など関西弁設定がリリース! なんだろこのしっくり来る感w

なんだこれw

Facebookの言語設定に新しく「日本語(関西)」というのが加わり、言語を変更するとFacebookのUIのさまざまなところが、関西弁に切り替わるようになりました。そのうち東北とか九州とか、他の地方も加わるのかなぁw

Tsutenkaku (通天閣) in OsakaTsutenkaku (通天閣) in Osaka Photo by Calvin YC

変更は設定の[一般アカウント設定]から

言語設定は、[設定]→[一般アカウント設定]から変更することができます。

Facebook言語設定

言語の一覧の中に「日本語(関西)」が追加されてますねぇw

UIが関西弁に

ということで、実際に言語設定を変更してみると、

Facebookが関西弁UIに変化

このように一部のUIが関西弁に変更されました。

  • いいね! → ええやん!
  • コメントする → つっこむ
  • シェア → わけわけ

という感じになっていたり、通知関連のテキストが関西弁になっていたりします。例えば「あなたの写真にコメントしました」が「あんたの写真につっこんだで」となっている具合。

UI上言語全般が関西弁に置き換えられているかというとそうでもなく、従来の日本語設定と変わらないところもいくつかチラホラ散見されますね。

ソーシャルプラグインも関西弁に

ちなみに、言語設定を「日本語(関西)」にすると、Webサイトに設置できるソーシャルプラグインも関西弁で表示されます。

ソーシャルプラグインも関西弁に

ソーシャルプラグインのdata-lang属性がjaに指定(あるいは無指定)、もしくはソーシャルプラグインを呼び出すためのjsがja_JPで指定されていて、なおかつ表示するユーザーがFacebookの言語設定を「日本語(大阪)」に変更していると、自動的にソーシャルプラグインも関西弁として表示される模様。

多分新しく追加された言語指定ja_KSdata-lang属性やjsの言語設定に指定すると、言語設定関係なく関西弁で表示するようになるのではないかなと思われます。


試しに言語設定を「日本語(関西)」に変えてみたんですけど、なんか「いいね!」よりも「ええやん!」のほうがしっくりきますねw
まぁ、元々母方がそっちの流れで慣れ親しんでる言葉だからってのもありそうですけど。

この言語設定が好評だったら、ぜひFacebookにはさらに細かい方言やらを実装していただきたいところ。「日本語(京ことば)」だったり、方言に限らなければ「日本語(JK語)」とか「日本語(チャラ語)」みたいな感じで、いろんなバリエーションが展開されたら面白いんじゃないでしょうかね。