Google+がニックネーム追加と芸名での表示をOKにしたみたいです

Facebookと同じく実名での登録が必須とされているGoogle+。

昨年に実名ではないアカウントがBANされたことをきっかけに、方々でいろいろと言われていた中、将来的に代替名での表示を認める方針を示していましたが、1/23(Mon)にGoogleが実名ポリシーをアップデートし、この代替名表示が可能になっていました。

プロフィール編集で名前をクリックし、詳細を表示とすると下の画面が表示されます。

名前の編集

ニックネームという入力欄ができていますね。

ここに通常ハンドルとして利用している名前やあだ名、通称などを入力すれば、画面上に表示されるわけです。

が。

現段階ではニックネームのみを表示するということはできません。
必ず本名と並べて表示されるという仕様です。

[表示する自分の名前]のプルダウンで表記方法を選べるんですが、本名あるいは本名+ニックネームの組合せからしか選ぶことができません。
例えば僕の場合、

  • ホシナカズキ
  • ホシナ”cazuki”カズキ
  • ホシナカズキ(cazuki)

という3パターンから選ぶことになります。

それにしても2番目の表記はなんだかミドルネームみたいなことになってて、日本語環境じゃ微妙な表示の方法にしか見えませんねぇ・・・。

認められれば芸名の表示も可能に

こんなニックネームの表示の仕方じゃ、本名隠したい人は使えないってことじゃないかってことになるわけですが、仮に本名ではなく通名や芸名あるいはビジネスネームで登録したあと、Googleから警告が来た際にきちんとその通名や芸名、ビジネスネームの正当性が証明できればOKなんだそう。

証明するには、その名前が正当であると証明できるであろう印刷された記事、運転免許証データ、その名前のオンライン上での普及度がわかるデータが必要とのこと。

となると、ネット上でのハンドルのみ表示させようと思ったら、そのハンドルでしっかり活動していて、なおかつそれなりの実績を持っていないと、結構難しいのかなぁという気がしないでもないですね。

この辺はハンドルで誰か名前登録して警告喰らって証明できるかどうかチャレンジしてもらいたいところw

それにしてもニックネームの併記の仕方はやっぱり微妙に感じちゃうなぁ。日本語の場合はちょっと変えるとか、そんなアップデートされたりしないんですかね。

モバデビの最新情報をチェック