ローソンで新発売された「岩手湯田牛乳寒天」はさっぱりなのに牛乳のコクがパねぇ

岩手の物産展などに足を運ぶと見かけることのある牛乳寒天が、5/27からローソンの関東店舗限定で新発売されていました。

岩手湯田牛乳寒天」という名前そのままな岩手の湯田牛乳公社が販売している牛乳寒天に、岩手県産のぶどうソースをトッピングにつけた商品です。
気になっちゃったので購入してみましたよ。

岩手湯田牛乳寒天

ローソンのスイーツコーナーにこの状態で置いてあります。

パッケージのシールに「夢を応援基金」とありますが、ローソンがこの商品の売上の一部を東日本大震災奨学金制度である「夢を応援基金」に寄付することになっているとのこと。

岩手湯田牛乳寒天

さて、そんな牛乳寒天ですが、湯田牛乳公社によって製造されているもので、岩手県産の牛乳と生クリーム、糖類と寒天というとてもシンプルな材料で作られています。
ネット上で検索してみるとかなり以前からファンの多い製品のようで、その人気の秘密は湯田牛乳独自の生クリームの配合にあるようです。

もともと牛乳寒天は黒蜜やきなこといったものをトッピングして食べるとより美味しいそうですが、ローソンはここに岩手県産ぶどうソースを添えてきています。

岩手湯田牛乳寒天

というわけでぶどうソースをかけてみたのがこちら。
かける前はもう少しジャムっぽいのかなぁと思ってたんですけど、いざかけてみると結構シャバシャバな水っぽさのある感じ。

岩手湯田牛乳寒天

スプーンにとっていざ実食。

むむぅ。かなりさっぱりした味わいなんですが、生クリームによるものなのかミルク感が極めて濃厚。甘さはあっさりめ。甘いのは苦手という人にも受け入れやすいくらいですね。

ぶどうソースは前面に出てくるほどの濃さもなく、いい感じでミルク感を底上げする役目を担っているなぁと思いましたよ。

冷蔵庫で冷やしておいて、ちょっと暑いなぁと感じる夜に食べるとかもしれません。
そんな夜はアイスが一番! という人もいるかもしれませんが、そもそもが寒天なのでカロリーも低いし、ダイエッターにとってはちょうどいいかも。

こういう素朴な感じのデザートもいいもんですね。

※写真は全て現在レビュー中の「ARROWS NX F-05F」にて撮影しました