Appleが「macOS Mojave 10.14.6」を配信開始

「iOS 12.4」と「watchOS 5.3」が配信開始されましたが、併せて「macOS Mojave 10.14.6」も配信開始されていました。
Macの安定性と信頼性が改善されるアップデートということで、すべてのユーザーに推奨されています。

macOS Mojave 10.14.6

今回配信されるアップデートの内容は、

  • Fusion Driveを搭載したiMacおよびMac miniで新規Boot Campパーティションを作成できない問題を修正
  • 再起動中にハングすることがある問題を解消
  • スリープ解除したときに発生することがあるグラフィックスの問題を解消
  • Mac miniでフルスクリーンビデオが黒く表示されることをがある問題を修正
  • SMBによるファイル共有の信頼性を向上

といったものだそうです。アップデートには再起動が必要になっているので、作業の小休止のタイミングや、1日の終りのタイミングなどでアップデートしておくと良いのではないでしょうか?

「macOS」新着記事

macOS Big Sur 11.4が正式リリース 「Podcast」のサブスクに対応

ホシナ カズキ

「macOS Big Sur 11.3.1」、「iOS 14.5.1」、「iOS 12.5.3」、「watchOS 7.4.1」へのアップデートがリリース

ホシナ カズキ

「macOS Big Sur 11.3」が正式リリース

ホシナ カズキ

macOS Big Sur 11.2がリリース Mac miniの外部ディスプレイ接続に関わる問題などを修正

ホシナ カズキ

macOS High Sierra、パス無しログイン可能バグに対応したセキュリティアップデートを配信開始

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビはモバイルやウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく