Mac OS X Mountain LionのUp-to-Dateプログラムが最大72時間待ちに・・・

先日新登場したMac OS X Mountain Lion。ご存じの方も多いですが、2012年6月11日以降に購入したユーザーは、OSを無償アップデートできるUp-to-Dateプログラムを利用できます。
しかし、プログラム自体にバグが発生してしまい、アップデートできないユーザーが多数。加えてコード取得のメールが届くまでかなり待つことになっているようです。

Skitched 20120727 234905

僕自身も新しいMacBook Proを購入しているので、御多分にもれずUp-to−Dateプログラムの恩恵に預かれるわけです。
リリースされたその日に専用ページから申し込んでみたのですが、いかんせんなかなかコードが届かない。

とか思ってたら、

「OS X Mountain Lion Up-to-Dateプログラム」で不具合–一部コードが利用できず – CNET Japan同プログラムに申し込んでコードを受け取ったが、同コードを使用して新しいソフトウェアをダウンロードできないという事態が発生している。

っていう局面に。こ、これは・・・。

とは言え、申込時に最大24時間とあったわけだし、まぁ1日待ってれば大丈夫だろうと思っていたわけですよ。いくら上のような問題があったとはいえ、そこはAppleさん、頑張ってくれるだろうって。

ところが、24時間が経過しても届かない・・・。うーんもしや、と思ってつぶやいていたら、

そっかー、そうなんだー。24時間が72時間になっちゃったんだー。。。

いや、待ちますよもちろん。待ちますけどね。。

時間が伸びちゃったなら伸びちゃったで、一言なんかサイトに乗っけておいてくれればいいのに。
とりあえず最大の72時間待ったとして、僕の場合は27日の午前3時過ぎに申し込んだから・・・30日の午前3時かー。。。

まぁ、あーだこーだ言っても仕方ありません。待ってる人は辛抱強く待ち続けるのみですよ。待ちきれなくて買っちゃうなんてしませんよ、ええ。