こいつぁスゲェ!

PNG画像を非可逆無劣化圧縮するブラウザアプリ「TinyPNG」というのを試してみたんですが、とんでもないですねコレ。
画像自体はほぼ変わらんのに、驚異的なサイズダウン。まるで禁断のダイエット法にも見えるんですが、どんな仕組みなんだろ・・・。

TinyPNG TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency 

使い方はすごくかんたん。

「TinyPNG」にアクセスしたら、画面の[Drop your .png files here!]というスペースに、圧縮したいPNGファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

圧縮のタスクが完了すると、ダウンロードリンクが表示されるので、それをクリックしてローカルに保存すればOK。

画面遷移は一切ありません。

無劣化圧縮ということで、そこまで大きく容量が落ちることはないかなーとか思っていたんですが、勘違いも甚だしかったです。すげーサイズダウンします。

TinyPNGでテスト

これは実際にサイズダウンしてみた結果。

左が元画像で右がTinyPNGで非可逆無劣化圧縮したものなんですが、注目すべきはそのサイズに刻まれた数字です。

元画像は容量が1.4MBあったものが、TinyPNGで非可逆無劣化圧縮してみたところ211KBまでダウン。実に85%もの減量に成功したわけです。なんだこの悪魔のダイエット・・・!

上の画像ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、サムネイルで見る限りですが、見た目的な変化はほとんどないんですよねー。どんなことやったらこんなことになるんでしょうか。

つーても、実寸で見るとやや色落としてる部分も見えますし、無劣化という感じでもないんですけどね。。

ちなみに、MacのソフトウェアでPNGを圧縮できる「ImageOptim」を使ってみたところ、

ImageOptim

圧縮後のサイズは約899.9KB。37%の縮小ですね。
まぁ、圧縮プロセスが違うので比較対象としては適当ではないんですけど。。。

素早いサイト表示のためにも、こういうサービスは意識して使っていきたいですね。

いやー、それにしてもびっくらこいた。

追記
ちょっくらおかしいなぁと思って、いろいろ調べてみたら無劣化圧縮ではなく、非可逆圧縮でした。よって、タイトルや記事中の言葉を訂正しました。
24ビットのPNGファイルが8ビットインデックスカラーに変換されるようになっていて、透明性を100%保持しつつ自動選択的に色数を減らしてくれます。画像素材で透明化したものを軽くしたいという場合にはかなり役立ってくれそうです。


追記/2015年7月23日
オフィシャルのWordPressプラグイン「Compress JPEG & PNG images」というプラグインがリリースされました。

Commentsコメントしてもらえると励みになります

  • Pingback: ここから始めるモバイルパフォーマンス。手軽な画像最適化ツール7選 | DECONCEPTER()