YouTubeで映画レンタルがスタート! 国内外200本の作品が登場

米国内では開始済だったYouTubeの映画レンタルが、いよいよ日本でも開始されました。

国内外200本以上の作品が有料でレンタルできるようになっています。
現状、国内からは東映、バンダイチャンネルの作品が、海外からはソニー・ピクチャーズ、ユニバーサル、ワーナー・ブラザースのハリウッド作品が提供されているそうです。

映画 ─ YouTube

YouTubeのヘッダー、[ランキング]右に[映画]という項目があるので、そこをクリックするとこの画面に遷移します。
レンタル作品のランキングや、新作、各カテゴリの作品が一目でわかりますよ。

映画 ─ YouTube

今、CMもガンガンやっているハリー・ポッター完結編もレンタルできちゃいます。

映画 ─ YouTube

邦画も割と新しめの作品がありますね。

邦画に関しては、かなり数が少ないです。まぁ単純に国内の提供会社が少ないから仕方ないわけですけど。
洋画については基本的に言語は英語で、字幕版がほとんどのようです。

気になるレンタル料金ですが、基本は新作が400円、旧作が300円という設定になっています。一部ドキュメンタリー映画で無料のものもありますが、無料でも「これはどの層を狙ってるのだろう・・・?」と思うような作品ですね。

レンタル期間は、支払いを完了させてから30日以内。視聴を開始した場合は24〜72時間で終了となります。再生済作品のレンタル期間は作品によりけりですね。

映画 ─ YouTube

支払い方法は、先日統合したばかりの「Googleウォレット」を通して行われます。といってもウォレットの決済方法は実質クレジットカードでなければならないので、クレジットカードを持っていないユーザーには利用のしようがありません。

もしかしたら、今後、スマートフォン側で「Googleウォレット」に登録されているキャリア決済を利用することができるようになるかもしれませんが、現時点ではまったく利用不可能でした。

今のところAndroid版のYouTubeアプリもiOS版YouTubeアプリにもアップデートがきていないので、利用できるのはPCからのみですし、この辺りの対応が進んでくると多少変わってくるのかもしれませんね。

それにしても、今回のレンタル開始は時期が前倒しにしてきたなぁという印象。聞いていた情報によると来年初頭からスタートだったんですけどね。もうひとつの話の方は来年っぽいけども。