モバイルサイト運用の上で確認すべき3つのこと

モバイルサイトの運用は結構面倒くさいです。「開発も面倒だよね」という声も聞こえてきそうですが、個人的には運用の方が面倒だと思っています。
その理由としては、まめな情報収集をしなきゃならんのです。というわけで、以下にチェックしておくべき3つのことを書き出しておきます。ある意味、自分用。

キャリアのIPアドレス帯域変更

コレ、意外に頻発します。

というのも、モバイルサイトって大概がIPアドレスでアクセス制限を行うんですよね。ケータイ以外からのアクセスをさせない目的で。
特にキャリア公式サイトの場合は必ずってくらい。

で、このキャリアのIPアドレスなんですが、ホント頻繁に変更されるんですよ。追加されたり削除されたり。出来れば変更しないでくれと誰もが思いますが、気付くと変更されるのでコレは定期的にチェックをしておかなきゃなりません。

仮にこの変更に対応しなかった場合、何が起きるかというとモバイルサイトなのにケータイでアクセスできないって人たちが出てくることになります。コレは運用上致命的ですよね。

IPアドレスについては各キャリアにて情報が公開されています。



新機種端末とユーザエージェント

これも重要。
モバイルサイトの場合、ユーザエージェントによってキャリアと機種の振り分け処理を行います。

また、端末ごとの対応・非対応の振り分けをすることも多く、大概は機種情報も必要になってきます。その為、新機種端末が発売になるたびに新しく機種情報を追加しなければなりません。
勝手サイトのみを運用している場合、キャリアから情報は流れてきませんから、新機種の発表後は逐一チェックしておいたほうがいいでしょうね。

公式サイト運用を行っている場合でも、このあたりの情報は機密情報になるため、間違って情報追加を行ってしまうことでペナルティが課されたりしますから、気をつけなきゃいけません。

因みに、機種情報と機能別対応(動画/FLASH Lite/デコメなど)の管理はちゃんと組み合わせておく方が管理するのが楽ですよ。まぁそんなアホな構築はあんまりお目に掛かったことないですけど。

さらに、ユーザエージェントが増えることもあります。そんな頻繁にあるわけじゃなく、どちらかと言えば稀ですが、新機種端末の登場に合わせて判定ルールが変わることもありますから、その辺も含めて確認したいところですね。

検索エンジンのクローラー

「GoogleとかYahoo!に全然認識されないYO!」
なんてことになってしまうので、こちらもきちんとチェックしておくといいですね。まぁIPアドレスに関連性の高い話なんですが。

というのも、上述したIPアドレスの制限を掛けると、必然的に検索エンジンのクローラーも弾いてしまいます。なので、主要検索エンジンのクローラーのIPアドレスは制限から外しておかなければいかんわけですね。

とは言えこっちも稀にIPアドレスが変更されたり、ユーザエージェントが変更されたりする場合もありますから、この辺もしっかり確認しておく方が良いですね。下記あたりをチェックするといいんじゃないでしょうか。



これ以外にも確認しておくことはありますが、結構サイトの開発によってしまうこともあるので、あくまで最低限というか基本として、この3つはチェックしておこうねと。
キャリアごとの技術動向とか仕様とかはそれ以前に追っておくべき情報なので、敢えてこの中には入れませんでした。

みなさんで「他にもコレはチェックしてるよー」とかあったら是非コメントまでお寄せください。

モバデビの最新情報をチェック