Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が手元に! → ってことで1日使ってみた結果

予想以上に使えるぞコレ。
ということで、12月13日深夜に突如として発売され、あっという間に売り切れたAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が、19日昼過ぎに僕の手にやってきました。
で、ちょっくら外に出なければならなかったので、テストがてら1日装着して出歩いてみたわけですけど、思ってた以上にいい買い物だったのではないかと思っています。

AirPods

おおおおお。発表から長いこと待ち続けたAirPodsが、今ようやく我が前に。
・・・・・・あ、ダメだ、チンアナゴにしか見えないw

まぁ、それは冗談ですが、デザイン的にはEarPodsから線を取り除いただけのようにも見えますし、なんだか微妙な感じは否めませんが、詰め込まれているテクノロジーは凄いものなのですよねぇ。

発表後、すぐに「ああ、これは買おう」と思ったポイントとしては、

  1. 接続設定がとてつもなくラク
  2. iPhoneをはじめとしたAppleデバイスでシームレスな切り替えが可能

といったところでしょうか。
ワイヤレスなイヤホンやヘッドホンは、他メーカーのものを持っているので、必要ないといえば慥かにそうなのですが、何よりもApple純正であり、Appleデバイスでしか使えないという点から、その親和性の高さが窺えたのも大きな理由ですね。

あっという間に完了する接続設定

届いてすぐに開封し、接続設定を済ませました。

AirPods

パッケージを丁寧に開封。おお、思ってたより小さい。
想像の中ではもう一回りくらいバッテリーケースは大きいと思っていました。

AirPods

手のひらにスッポリとおさまるサイズ感。ポケットに忍ばせておいても邪魔にはならなさそうですね。まぁコートを羽織ることの多い今は。夏場はちょっと汗かくことを考えると、ポケットではなくショルダーバッグにinでしょうかね。

で、初期の接続ですが、普通Bluetoothのイヤホンやヘッドホンの場合、特定ボタンを長押しして接続モードに移行し、デバイス側で接続・認証を行うというのが一連の流れとして存在します。

しかし、AirPodsの場合は、そんな七面倒臭い手順は一切なし。

AirPods

iPhoneの近く(5cm以内)でAirPodsのバッテリーケースの蓋を開くだけです。
するとiPhoneの画面に、上のような表示がされるので、あとは[接続]をタップすればOK。

AirPods

接続されると、AirPods本体とバッテリーケースのバッテリー残量が表示されます。
以上、簡単過ぎです。

しかもコレは初回のみ。以降は蓋を同じように近くで開くだけでiPhoneに接続されるようです。つまり蓋の開閉が電源ボタンと同じ役割を果たしているということですね。

なお、macOS Sierraを搭載しているMacであれば、シームレスに接続を切り替えられます。とは言ってもちょっとした操作は必要なのですが、できるだけ手間を省くためには、メニューバーに音量アイコンを表示させておくようにしたほうがいいです。

MacでAirPodsを接続

音量アイコンをクリックすると、このようにAirPodsが一覧に出てくるので、あとはそれを選ぶだけ。これでiPhoneからMacへAirPodsに接続が切り替わります。

なお、Sierraを搭載しているMacが2台以上あっても、1度接続してしまえば常に一覧に出てくるので、好きなときに好きなマシンに切り替えることが可能です。超便利。

耳からポロッと落ちるんじゃ? 疑惑を検証

AirPods最大の懸念点。
それが、装着中にポロッと耳から落ちてしまうのではないか? ということ。

実際、有線のEarPodsは僕の耳には合わなくて、歩いているだけで耳から外れることがしばしば。とてもじゃないですが実用できなくて、別途カナル型イヤホンやヘッドホンを購入して使っていたわけです。

AirPodsは基本的なデザインはEarPodsそのまま。
なので、同じように耳からポロッと外れてしまうのではないかと思っていました。

AirPods

ってことで、装着してみたわけですが、意外にも結構しっかりフィット。
ガシガシ歩いたり駆け足してみたりしましたが、1度も外れることなく過ごすことができました。EarPodsなら間違いなく外れたと思うんですが。

そこで思い至ったのがケーブルの有無です。
EarPodsの場合、ケーブルが付いている分、どうしてもケーブルの重みが下に掛かるため、それによって外れやすくなっているのではないかと。
もちろん耳の形状や個人差もあると思うのですが、実はそこは大きなファクターじゃないんじゃないかと思います。そう、ケーブルこそがEarPodsの外れやすい要因なのですよ。

たぶん。

ちなみに、横に頭を振っても問題なし。結構な勢いで振ってみましたが外れませんでした。ちなみに縦方向にヘドバンまではいかなくとも勢い良く振ってみると、わずかに外れそうな感触がありましたが、それでも外れることはなく、AirPodsが飛んでいってしまうような事態には至りませんでした。

聴き心地はいかがなものか?

Spotifyで音楽を聴いたり、ゲームで遊んだりしてみましたが、音としては非常に素直な音なのではないかと思います。高音・中音・低音のどれかが突出しているような印象はなく、バランス良く鳴っているかなと。

オーディオマニアなユーザーからしたら「へっ」とか言われちゃうかもしれませんが、個人的には別に音の鳴り方に不満はありません。

若干気になるかなぁというのは、周囲の音が結構ガッツリ耳に入ってくるところでしょうか。もちろん音に集中したいというのもありますが、こんだけ周囲の音が入るということは、AirPodsからもかなり音漏れしてることが予想されます。

これについては、ちょっと誰かに協力してもらって検証してみたいところですね。

それにしても何より驚いたのが、まったくと言っていいほど遅延がないということです。
厳密には微々たる遅延はあるのかもしれませんが、僕の耳ではそれを感じることができませんでした。

もともと所有してるBTイヤホンやBTヘッドホンは、どうしても接続したばかりだと遅延が発生しがちで、特にゲームをプレイしていると、その遅れが気になって仕方なかったんです。
それがAirPodsだと全然感じられない。音のブツ切れもないし。
さすがはApple純正ゆえの親和性といったところでしょうか。

マイク性能もすごいと思います

AirPods

基本、iPhoneで電話はあまりしないので、そのあたりは試せていないんですが、Siriを使ってみてマイクの性能がすごいなぁと。

AirPodsの内部には”W1チップ”というのが内蔵されているんですが、こいつがさまざまなセンサーと連携して、話していること、聴いていることを認識してくれるようになっています。

AirPodsは左右ともに、伸びた部位の先にマイクが内蔵されていて、W1チップと音声加速度センサーがユーザーの声を認識、左右のマイクがビームフォーミングで声を捉えて取り込むようになっています。

正直、目に見えるようなことではないので、わかりづらいところではあるんですが、マイクが音の発生位置を定めて拾ってるわけです。しかも周囲のノイズは取り除くところまでやってます。

なので、ボソボソっと喋っても、Siriがしっかり認識してくれるんですね。
普段だったら確実に「そんなこと言ってない」レベルの返しが来そうなもんなんですが、AirPods経由だと、確実に喋ったことを認識し、的確に返してくれるんです。
これは音声通話をぜひ試してみたいですねー。問題はiPhoneの番号はほとんどの人に教えていない秘匿番号だということでしょうかw

AirPodsすごい! 有能!

正直言って、そこまで期待はしていなかったんですが、思ってた以上に有能ですねAirPods。冬場は耳周りが寒いので、ヘッドホン装着が常だったんですけど、今冬はAirPodsだけで過ごすことになるんじゃないかと思うほど。

僕としては買ってよかったアイテムです。セルフクリスマスプレゼントとして使い倒したいと思います。紛失しないように注意しながらw

これから購入、もしくは購入を検討している人は、各Apple Storeで試すことができるようなので、可能なようなら足を運んでみて、実際に装着具合やらを確認してみてはどうでしょうか?