iPhoneの充電と同時にバックアップもしちゃう「Qubii Pro」

iPhoneの写真や動画、連絡先を、充電すると同時にmicroSDカードにバックアップすることができるという製品「Qubii Pro」というのが登場していました。
これは、ついついバックアップを忘れてしまう人には良さそう。

現在、GREEN FUNDINGで支援者を募っています。

Qubii Pro (キュービィ プロ)」は誰でも簡単にiPhoneのバックアップを可能にするためのアイテム。

Qubii Pro
via. https://www.focal.co.jp/p/qubii-pro/

使い方は簡単で、

  1. iPhoneに「Qubii Proアプリ」をインストール。設定する。
  2. Qubii ProにmicroSDカードをセットし、iPhoneの電源アダプタと接続する。
  3. iPhoneをQubii Pro経由で充電。

という3ステップ。最初に設定を完了すれば、充電する都度、自動バックアップが行われるとのこと。バックアップに際して通信は必要ないので、仮に電波の届かないところだとしても、microSDに問題なくバックアップされます。

バックアップはSNSにアップロードしたものまで

Qubii Proでバックアップできるのは、iPhoneの「写真」アプリに入っているすべての写真や動画が基本。
通信を介さないため、プライベート、ビジネスを問わず、流出しては困るような写真・動画が、そうした危険性が極めて少ない状態でバックアップすることができます。

また、Facebook、Instagram、Twitter、Flickrに直接撮影、アップロードした写真もバックアップ対象となっており、iPhoneの買い替えで写真アプリから消えてしまったという場合にも、Qubii Proでバックアップしたデータから復元することも可能。

写真や動画だけでなく、連絡先データもバックアップ対象に含まれており、iPhoneの「連絡先」アプリのデータをvCard形式で保存してくれます。
vCard形式は業界標準とも言えるファイル規格なので、WindowsやAndroidなどでも使えるようになるということですね。

Qubii Proはカードリーダーにもなる

Qubii Pro
via. https://www.focal.co.jp/p/qubii-pro/

microSDカードに保存されたバックアップデータを、PCやMacなどで読み込みたいという場合、本体をそのまま接続するだけでOKという仕様になっています。
つまり、Qubii Pro本体がmicroSDカードリーダーとして利用可能ということです。

iPhoneのバックアップデータだけでなく、例えばGoProなどmicroSDカードを利用するカメラなどで撮影した写真も、Qubii Proを通してPCやMacで読み込むことが可能ということ。カードリーダーなどの小物はかさばりやすいので、機能としてまとまっているのは非常にありがたいですね。

iPhone / iPadユーザーなら必携?

ざっとQubii Proの機能などをまとめると、

  • 充電することで自動バックアップ。
  • バックアップ対象は写真、動画、連絡先、iTunes Music、各種SNSにアップロードした写真もすべて。
  • ファイルAppとも連携。読み書き対応。
  • USB3.1採用なのでバックアップは超高速。
  • 本体がカードリーダーとして利用可能。
  • バックアップに必要なmicroSDカードは512GBのものまで対応。
  • 本体サイズはiPhoneの電源アダプタと同じくらい。

といったところ。これだけの機能性があると、iPhone、iPadユーザーには必携のバックアップソリューションかもしれませんね。

入手するには6030円の支援から。詳しくはGREEN FUNDINGのページで確認してみてください。