iPhoneユーザーなら持っておくべきかもしれない「Ultimate Ears 400vi」

スポンサーリンク

ロジクールさんのイヤモニターブランド「Ultimate Ears」
以前にエントリー向けモデルである「Ultimate Ears 100」をもらって使っていましたが、今回それの上位機である「Ultimate Ears 400vi」のモニターをさせていただいています。
2週間ほど使用していますが、いやーこれがなかなか良い感じ。さすがプロ御用達ブランドですねー。

Ultimate Ears 400vi

とりあえず2週間、iPhoneよりもiPadで音楽やら映画やらの視聴に使ってみての感想ですが、やや低音が強めですが、全体的に高音から低音までクリアですし、バランスも良い感じ。ケーブルも取り回しやすいですし、遮音性や音漏れの少なさに関しては、さすがUltimate Earsといったところ。

Ultimate Ears 400vi

エントリー向けモデルの「UE100」のときにも思いましたが、こと上位機にもなると、ここまで遮音性高いんか・・・と驚くレベル。ちょっと集中したい作業のときに耳栓代わりにもできますね。

5size+1のイヤーチップ

イヤフォンがうまく耳の穴のサイズに合わなくて・・・という人、いますよね。
僕もまぁそういうタイプだもんで、割とヘッドフォンも併用するタイプなんですが、「400vi」は嬉しいことにイヤーチップのサイズバリエーションが豊富。

Ultimate Ears 400vi

デフォルトでイヤフォンについているSサイズとは別に、XXS、XS、M、Lのイヤーチップが付属する他、さらに高い遮音性とフィット感が感じられるというComply低反発ポリウレタンフォームチップが同梱されています。

ポリウレタンフォームチップは試してみたんですが、なんか初めて耳に入れたせいか、なんだか感覚的に合わなかったので、結局最小サイズのXXSのイヤーチップを常用中。

ただ、これだけサイズがあれば、ある程度はどんな人の耳にも対応できるんじゃないでしょうかね。

リモコンがかなり便利

イヤフォンのR側にリモコンが付いてるんですが、これがかなり便利。

Ultimate Ears 400vi

音量の調節はもちろんですが、真ん中のボタンを使って、再生、トラック移動もサクサクとできますよ。

真ん中のボタンの操作パターンは、かなりカンタン。
1回押すと再生。再生中に1回押すと一時停止。
2回押すと次のトラックへ、3回押すと前のトラックへ移動します。

また、このリモコンはマイクを兼ねているので、ハンズフリー通話もできるようになっていて、電話の受話、終話も真ん中のボタンで操作可能です。

さらに、これは説明書には記載されていなかったのですが、Siri対応のiPhone、iPadで使っている場合、真ん中のボタンを長押しすることでSiriを起動させることもできましたよ。

あ、あと副次的な話ですが、R側にリモコンがついているっていうのが脳内にインプットされると、イヤフォンを耳に付けるときにどっちがどっちだか迷わなくて済むのは結構大きなメリットかも。そんなん僕だけかもしれませんけど。

iPhoneユーザーにはかなりいいんじゃないか

音質、遮音性、ハンズフリー通話やらリモコンの操作性、さらには価格帯と、様々な要素がまるっとバランスの良い「400vi」。
や、ホント上手くまとまってるイヤフォンだと思いますよ。

iPhoneとの相性もいいですし、iPhoneユーザーでイヤフォン探してるという人は、是非とも購入候補に入れておくことをオススメしますよ。

[amazon asin=’B004DYW63S’ type=’banner’]

「Gadget」新着記事

watchOS 6へアップデートで通知が来なくなる人が続発中 解決方法は再起動にあり

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

「Qubii Pro」はiPhoneの充電と同時にバックアップできるソリューション

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

Amazon Echo Dot (第3世代) 導入 育児にも役立ちそうな気がする件

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

Angel Sounds で少しでも妊娠中の不安を解消! お腹の中に息づく子供の心音を聞こう

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

Apple Watch が育児との相性がいいんではないかと思って購入してみた

Avatar for ホシナ カズキ

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビモバイルウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく