我が家にDysonがやってきた! 「Dyson Cyclone v10 Fluffy+」で一毛打尽の件

ホシナ家にお掃除革命が唐突に訪れました。
そう、我が家にあのDysonがやってきたのです。しかも2018年7月現在、最新モデルとなる「Dyson Cyclone v10 Fluffy+」がやってきちゃったのですよ!

我が家にやってきて数日経ちますが、いまだヨメデビさんと共に、感動の嵐に打ち震えております。

その訪れはあまりに唐突に

ダイソンと言えば、以前お仕事をさせていただいたのは記憶にあたらしいところ。

残念ながらオウンドメディアは終了となってしまいましたが、制作をお請けさせていただいたのは、とてもいい経験をさせていただいたと今も思っています。

しかしながら、こうした関わりがあったのに、実は我が家の掃除機はダイソンのものではなかったんです。なんたることでしょう。

ねこ様と一緒に暮らしている以上、いい掃除機は必須ともいえる環境。なのにダイソンではないという・・・。

そんなわけで、いつかそのうち買おうそうしようと心に決めていたこともあり、ネタ的にAmazonのほしいものリストに追加したりしていました。まさか贈られてくるなんてことはあるまいと思っていたのですけどねえ・・・。

そうしたら来ちゃったんですよ、入籍祝いに。追加したものとは違う最新モデルが。
しかもサプライズもされちゃって。
ここではちょっと事情があって、誰からとか書けないんですけどね。40人近い人達がお祝いにってことで、贈ってくれたのです。しかもそれを取りまとめた当人が、わざわざうちまで届けてくれるっていうね。

正直、ちょっと感激しすぎて、涙腺に来ちゃいましたよ。マジありがとうございます。

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

うちのいたずらっ子・ニアたんが早速目をつけていましたが、構わず撮影。
赤い。こいつ赤いぞ。通常の3倍ってことですか?

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

ニアたん。その人がこれを作った人だよ。すごい人だよ。

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

ということでいざ開封。おおお、パッケージ通りガンメタリックな色合い。かっちょいい。

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

ってことで、全部箱から出してみました。
いろいろパーツが同梱されているのですねえ。そして思ったより本体が重めだなあという印象。ファーストインプレッションとしては、この重さでお掃除しやすいのかしら? ってのが率直なところです。

本来であれば、まずは満充電してから使えと書いてあるのですが、やっぱり何より使い心地が気になってしまったので、早速さらっと床を掃除してみたところ、ファーストインプレッションがあっさり覆されました。重さは確かにあるものの、片手でスイースイーとできちゃうじゃないですか。

そして何より、ガッツリきれいにしてくれるのが素晴らしい。

Dyson Cyclone v10 Fluffy+

ほんのすこしだけ。多分1m四方もやってないのですが、さっそくごそっとねこ様たちの毛が吸い取られておりました。しかも細かな粉塵も。
ええ、なにこれ、こんなに床汚れてるの!? とびっくりするレベル。これまでの掃除機じゃ全然追いついてないことが明らかになりすぎて、軽く狼狽するほどです。

数日使ってみて

ってことで、まだ数日しか経っていませんが、もう掃除機はダイソン以外ありえんと思い始めています。やっぱりすごいわダイソン。

とにかく細かい粉塵、塵芥からねこ様たちの毛に、僕ら人の抜け毛とお構いなしにガッツリごっそり掃除できちゃいます。

で、すごいなと思ったのが、ヘッドブラシ。名前の通りふわふわとした質感のブラシなのですが、ここにほっとんど汚れがつかないし、毛もほぼ絡まないんですわ。

割と他社のやつだとブラシに毛がまとわりついてしまって、掃除が終わったあとに手ずから取り除く必要があったりしますが、それがほぼない。

お手入れすることで、より長く使っていけるのは間違いないので、掃除後にゴミは当然捨てて、ブラシにわずかに付いた毛や汚れを取り除くようにしています。でも、手入れにかかる時間がとても短いので、思った以上にストレスフリーだなと感じています。

ほんと、今回贈っていただいたみなさまには頭が上がらないです。みなさまのおかげで快適お掃除ライフが約束されました。

なお、これを受けて、Fluffy+のためのスタンドを購入。これでますます掃除も保管も捗ること間違いなしですね。

モバデビの最新情報をチェック