Google検索結果にシェア数を追加するChrome拡張「BUZZ RANKER」

ブロガーやライターに良さげなChrome拡張機能「BUZZ RANKER」。
インストールすることで、Google検索結果にはてなブックマークのブクマ数、Twitterのツイート数、Facebookのシェア数が、いい感じにサクッと一覧表示されるようになります。
検索結果からはわからないSNSの指標が見える化するのは、何気に便利です。

BUZZ RANKERimage via. Chrome ウェブストア 

通常、はてブ数だのツイート数だのシェア数なんてのは、Googleで検索して、対象のページを開いて初めて見えることがほとんど。
中には、ページ内に公式ボタンがなかったりして、数字がよくわからんなんて場合もあります。

「BUZZ RANKER」を使えば、Googleで検索さえすれば、検索結果上にそれらの数値がいい感じに差し込まれ、わざわざ対象のページを開かなくても確認できてしまうのです。なんたる優れもの。

BUZZ RANKERでの差し込み結果

はてブの公式拡張機能を入れている場合、検索結果にはてブ数が表示されますが、主要SNSのTwiter、Facebookも一括で見ることができるのは、「BUZZ RANKER」くらいのもんじゃないでしょうか。

BUZZ RANKERの使い道

基本的な使い道としては、ライバルサイトのSNS指標のチェックでしょうか。
site:mbdb.jpのようにドメイン指定して検索すれば、その配下にあるコンテンツがズラーっと出てくるので、合わせてはてブ数、ツイート数、シェア数が確認できるというわけ。ひとつひとつ開いて確認する手間がなくなるので、超効率化が図れますね。

また、SNS指標って、そのコンテンツの話題性や信頼性などが数値化された側面もあるので、ふつうに検索して得られた結果から、目的とするページの中で人気のものを、サクッとピックアップするのにも役立ちます。

ブロガーやライターだったら、ネタになる切り口を考えるときにも便利かもしれません。

検索結果の自動送りにも対応

結構多くの人が利用しているChrome拡張「Autopagerize」。
こいつを入れていると、検査結果でいちいちページングリンクをクリックしなくても、スクロールするだけでバーっと検索結果を見ていくことができるわけですが、「BUZZ RANKER」はそんな自動ページ送りにも対応しています。

BUZZ RANKER - 自動ページ送りに対応

ページングの手間も省いて、サクサクザクザクとシェア数とともに検索結果を眺められるとか、マジ便利すぎでしょ。

これは入れなきゃならぬ!

「BUZZ RANKER」、ひさびさに個人的にツボに入りました。これはもうChromeにインストールしておくべき拡張機能決定ですね。

ブロガーやライターではないという人でも、検索結果から話題のものや人気のものを見つけ出すのに便利だと思うので、Chromeユーザーの人は、試しにインストールしてみたらいいと思います。