ネタフルモバイル版「ネタフルズ」をXHTMLで再リニューアルしました

えっと、すでにネタフルにてコグレさんが記事にしていますが、またもやネタフルのフィーチャーフォン版「ネタフルズ」のリデザインを行いました。

前回と比べて何が変わったかって、先日公開したMT4i3.0.8X1を採用したXHTML対応版にしたのです。

Netafulls redesign 01

ネタフルの携帯電話版「ネタフルズ」のデザインがリニューアルしました! 今回もリニューアル担当は@cazukiです。

via. [N] ネタフル携帯版「ネタフルズ」の「MT4i」がXHTMLに対応 

というのも、前回リニューアルしたときは、「シカマケ×ネタフル デザイン勉強会」の真っ最中。
まだ、ネタフルのデザインが本格的に変更になる前にやったものでした。本来ならばネタフルのデザインを踏襲して、ブランディングをきちっと同じ方向にするつもりだったのですが、結果的に違うデザインになってしまいました。

どっかのタイミングでリデザインしないとなぁと思っていたのですが、なかなか時間が取れず、そのままになっていたんですよね。。

で、今回ちと別件のからみもあって漸くリデザインにこぎ着けました。

デザインの方向性としては、ずばり”ネタフルのブランディング統一”に尽きます。

ネタフルズXHTML対応版インデックスページ インデックスの画面
ネタフルズXHTML対応版記事ページ 記事の画面
ネタフルズXHTML対応版画像単独表示ページ 画像表示の画面

基本的に極力シンプルに。

ビジュアルはネタフルにも採用されているコグレさん手書きの樹木イラストをベースに、フォントも合わせてみました。また、最近は出版ラッシュもあったので、インデックス画面では書籍をメニューのひとつとして、ブロックをもうけて掲載したりしてみました。

実際、実機でチェックしてみて、まだちょっと手直ししたいなぁと思っているところもあるので、あとで少しだけ変更しようかなと思っていますが、まぁ大枠としてはこれでひとまず完成です。

取り敢えず、実機チェックもしていますが、全端末でチェック出来ているわけではないので、もし表示がおかしいよーとかありましたら、一言いただければ幸いです。

というわけで、ネタフルをケータイで見るならネタフルズを是非活用してくださいませ。

[N]ネタフルズ