FacebookがFacebookページの無効な「いいね!」の削除機能を強化!

FacebookがFacebookページにおける、いわゆる”水増しファン”を特定、自動削除するという機能の強化を行ったと発表しています。
これによって、すべてのFacebookページにおいて、平均で1%の「いいね!」が無効化される見込みとのこと。

まぁマジメに運用してれば特に問題ないはずです。

無効ないいね!を自動削除

削除対象となるのは、

  • マルウェアによって獲得された「いいね!」
  • 偽アカウントによる「いいね!」
  • 騙されてクリックさせられたユーザーの「いいね!」
  • 販売業者から購入した「いいね!」

などだそうです。

ファンとのエンゲージメントが一番大事

いまだに勘違いされてる傾向があるんでしょうかね。Facebookページは「いいね!」数が大事だ! といった思い込みがあるようで、削除対象にあるような「いいね!」数を水増しするサービスを提供する会社もあれば、それを安易に使ってしまっている企業があったり。

こうしたものはTwitterのフォロワー有料増加サービスがひな形になって展開されているものなんでしょうけど、こんなのに引っかかるほうもどうかと思いますよ。

Facebookページは以前からずっと言われていますが、企業がファンであるユーザーとの間で、エンゲージメント=きずなを深めることが最重要課題です。
ファン数が多いのに越したことはありませんが、ちゃんと運用してればある程度のファン数は着実に獲得できますしね。

具体的に言うなら、商品だったりコンテンツだったりブランドだったり、そういったものへのユーザーからの積極的関与・行動を探って、深い長い関係を築くための手がかりにしていくことが必要です。