ペンギンアップデート2.1が来た! 検索の約1.0%に影響

日本時間だと本日になりますが、10/4にウェブスパム排除を目的とした検索アルゴリズムの更新「ペンギンアップデート」が同日実施されたそうです。

ペンギンアップデートは2013年5月の実施から5ヶ月ぶりの通算3回目になります。

penguin standingPhoto:penguin standing By kevin ryder

今回のアップデートは2.1ということで、大きなアルゴリズム変更ではなさそうですが、Googleのウェブスパム対策チームのトップであるマット・カッツ氏のツイートによると、全検索クエリの約1.0%に影響を与えるようです。

過去2回と比べても影響するパーセンテージも小さいですし、日本語圏ではあんまり変化が出ないかもしれません。

まぁ、9月末に最新検索アルゴリズム「ハミングバード」の導入で、検索結果の90%以上に影響を与える大規模な変化がありましたから、これに伴ってのアップデートなのかもしれませんね。詳しいことは知らんけど。

namaz.jpを見てみると、少し不安定になってるっぽいですね。

[amazon asin=’4534051212′ type=’banner’]