いる? いらない? Twitterがダイレクトメッセージに既読機能を追加

FacebookやLINEだと、相手がメッセージを見た(読んだ)かを確認できる”既読”マークが表示されますけど、これがですね、Twitterのダイレクトメッセージでも表示されるようになりました。

なんかすごい今更感もあって、ほんとに必要なん? っていう気がしないでもないですね。

Photo:twitter By:hankensteinPhoto:twitter By hankenstein

まだローリングアウト中、なおかつiOSアプリとAndroidアプリでのみ。という状況もあり、僕自身がTwitterの公式アプリは使わない派なので、まだ実装されたものは見ていないんですけど、Twitterによる告知ツイートが出ています。

こちらの動画を見るとわかるように、既読のマークが出るだけでなく、Facebook同様にタイピング中のインジケータを出したり、URLを入れることでプレビューも出るようになるみたいですね。
Twitterとしては、Facebookのメッセンジャーのように、リアルタイムにやり取りがされるメッセージプラットフォームの方向へ舵を取りたいという思惑が見て取れます。

他のユーザー層ではどうかわかりませんが、僕なんかは全然TwitterのDMって使わなくて、もっぱらメッセージングに関してはFacebookですからねぇ。少なくとも僕の知る範囲では、7〜8割位はFacebookメッセンジャーをメインにしている印象です。

で、今回のこの機能追加ですが、他のメッセージングサービスでは当たり前の機能であるにも関わらず、ユーザーからは結構否定的な意見が出ています。

https://twitter.com/a9ma__k/status/773972585319059456
https://twitter.com/murasame_ao_/status/773972802869137408

この他にもズラズラとw

「DMに既読いらねー」派な方々のツイートを読んでみると、結局他のメッセージングのように、読んだらすぐに返信しなきゃいけなくなることがイヤ! というのが根底にあるようですね。リアルタイムな応酬はLINEだけで十分だ! ということの表れとも言えそうです。

まぁ、Twitterとしても一応そのあたりの意見は出ることを見越してのことなのか、ローリングアウトされた機能はもれなく有効化状態ではあるものの、設定から既読機能をオフにすることもできるようにしているので、「イラネ」という人たちは設定をさくりと変更してしまうのがよろしいのではないかと思う次第です。

ちなみにWebサービス側にも近日、同じ機能が実装されるとのことで、こちらも機能のオン/オフは選べるようになると思いますが、普段TwitterのDM使わない身としては、機能提供されても気づかずそのままになりそうな予感をひしひしと感じております。

Source / ITmedia ニュース