巨大なアーチがカッコいい! 「新矢柄橋」からの眺望を楽しむ #tokyo島旅山旅

瀬音の湯を出発して最初に目指したのは、瀬音の湯そばにある「新矢柄橋」。

こちらは瀬音の湯に車で向かった際の入り口となる橋で、巨大なアーチがモダンな全長96mの橋です。“新”と付く通り、今から7年前にかけられたばかりの新しい橋ですが、すでに檜原へ向かう道の新たなシンボルにもなっているようです。

新矢柄橋

ちょっと遠目に撮影してみた「新矢柄橋」。
白いアーチがとても目を引きます。

新矢柄橋

アーチの片側から撮影。
ちょっとわかりづらいですが、橋の上を斜めにまたがる形になっていて、橋そのものとは独立しています。このアーチから伸びる6本のワイヤーで橋を吊り下げているんだそう。

新矢柄橋

下には秋川が流れていて、かつ橋自体がかなりカーブしている形状。
なかなか他では見られない形状ですが、アーチが大きく斜めにまたがっているのは、このあたりに起因するのではないかなぁと思われます。

それにしても眺望がいいなぁ。
橋の両サイドに見える山々の色づきからして、もう少し秋が深まると、ここもかなりの絶景スポットになるんでしょうねぇ。

新矢柄橋の場所は以下になります。瀬音の湯から歩いても10分少々の場所です。

地図上だとちょっと遠回りになってますが、歩行者専用のルートでショートカットも可能です。