エックスサーバーがブランド統一 運営サービスもロゴと名称変更へ

レンタルサーバーサービス、ドメイン取得サービスなどを展開するエックスサーバー。
特にレンタルサーバーにおいては、2020年11月時点で190万件以上のサイトが運用される国内シェアNo.1のサービスとなっています。

そんなエックスサーバーですが、2021年4月15日に運営サービスのブランドを統一。併せて運営サービスの名称も一部変更の運びとなったそうです。

変更前変更後
エックスサーバーエックスサーバー
エックスサーバービジネスエックスサーバービジネス
エックスドメインエックスサーバードメイン
エックスドライブエックスサーバードライブ
ネクストショップエックスサーバーショップ

基幹事業であるレンタルサーバーサービス「エックスサーバー」及び「エックスサーバービジネス」においては変更なく、その他のドメイン取得サービス、法人向けクラウドストレージサービス、オリジナルネットショップ作成サービスの名称が変更になります。

今回のブランド統一による料金変更などは一切なく、各種サービスの利用規約も名称が変更されるのみで、規約自体はこれまでと変わりなしとのことです。

「ニュース」新着記事

Visa、タッチ決済を使うことで5000円が当たるキャンペーンを実施中

ホシナ カズキ

コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」、キャッシュレス決済にてApple Payが対応

ホシナ カズキ

電子マネー「nanaco」が2021年中にApple Pay™に対応すると発表

ホシナ カズキ

電子マネー「WAON」が、2021年中にApple Pay™に対応することを発表

ホシナ カズキ

エックスサーバー、Xserverビジネスで「PHP 8.0」を導入

ホシナ カズキ

もっと見る

モバデビはモバイルやウェブのネタ、ニュースMaciPhoneなどのApple関連、WordPressのことなど、いろいろ書く雑食系ブログメディア。
ためになるかもしれないし、ならないかもしれない。そこそこ更新してますそこそこ。

このブログについてもっと詳しく