abrAsus「小さい財布」のダンボーVer.を購入! 使い始めて見えてきた2つのメリット

なんか今頃? な感じがありますが、ひらくPCバッグひらくPCバッグminiでおなじみのバリューイノベーションさんが展開する、abrAsus(アブラサス)ブランドの 小さい財布 を購入してみました。もちろんダンボーバージョン。
そんなわけで使い始めて数日経ってみての使用感などをまとめてみました。今のところ主に大きく2つのメリットを感じています。

小さい財布 ダンボーVer.

小さい財布」は前述のとおり、バリューイノベーションさんが展開するabrAsus(アブラサス)ブランドから登場した、手のひらにすっぽりと収まるサイズの財布です。

小さい財布

長辺は9cm、短辺は6cmと非常に小さい。
平面的なサイズで言えば、クレジットカードやキャッシュカードなどのサイズとほぼ同じくらいです。

「え、こんな大きさでちゃんと入るの?」と思う人もいるかもしれませんが、基本的に紙幣も硬貨もカードもまとめて入れることができます。もちろん入れられる上限はありますけどね。

小さい財布 ダンボーver.

今回購入したのはダンボーバージョン。
「小さい財布」にはいろいろなカラバリやコラボモデルが出ているのですが、ダンボー大好きなおじさんとしてはやはりコレを選ばざるを得なかったというかw
やっぱり普段使いのアイテムは愛着を持てることが大事だと思うので、こういう入り口で選んでもいいと思うんです、はい。

小さい財布 コイン投入口

細かいディテールにこだわられていて、硬貨をしまうポケットに、ダンボーのコイン投入口が箔押されていたり。ダンボーLOVEな人には嬉しい演出ですねー。

小さい財布の収納力は?

さて、それにしてもこれだけ小さいと、気になってくるのが財布の収納力です。

小さい財布とJOGGOの長財布

これまで使っていたJOGGOの長財布を重ねてみるとわかりますが、「小さい財布」はほんとに小さい。長辺なんか半分くらいしかありませんからね。

収納力という点では、どうしたって一般的な長財布には叶いませんが、これがなかなかどうして思った以上に入ってくれるのです。

ということで、現在財布に入れているものを引っ張りだしたのが以下。

小さい財布に入っているもの

どうでしょう、この分量が小さい財布に収まっています。
紙幣は20枚ほど、硬貨6枚、カード4枚、それとレシートが2〜3枚。意外に入ってると思いません?

というのも、最大で紙幣10枚、硬貨20枚、カード5枚が入るようになっている仕様なので、これくらいは全然問題ないんですね。
まぁ、紙幣の枚数は倍入ってしまっているので、ちょっと財布の型が崩れてますが、問題なくボタンも締まりますし、特にこれといって不都合は感じていません。

ただ、やっぱりちょっと困るのがカードの収納量でしょうか。

上の写真では、最も常用率の高いTカード、ing-fanカード(いなげや)とドラッグストアのポイントカード、それと身分証明カードのみですが、本来であればここにPontaカードやRポイントカード、それにキャッシュカード2枚、Taspoカード、Pasmoは持っておきたいのですね。ポイントカードはともかくとしてもキャッシュカードとPasmoはできれば持ち歩いておきたい。

まぁ、どうやっても収納力を上回る数になってしまうので、今のところは出かけるときに合わせてカードを入れ替えるようにしていますが、できれば全部持ち歩くためにもカードケースを用意して、使用頻度の低いものをまとめておいて、別途持ち歩くようにしたほうがいいのかもしれませんね。

小さい財布にしたことで感じるメリット

小銭を意識するようになった

買い物の際は、できるだけ小銭を使うようにしているんですが、長財布の時はついついその収納力からお札だけで支払って、小銭がジャラジャラ貯まってしまうということがままありました。

「小さい財布」は硬貨が最大でも20枚まで入る仕様ですが、さすがに小銭が貯まりすぎてしまうと財布としての機能が失われてしまいます。
そのため、これまで以上に小銭を意識するようになったのが、主だったひとつのメリットだなと。

レシートや領収書の整頓

これもまた小銭同様のことなんですが、長財布だとついつい買い物の際のレシートや、領収書といったものを入れっぱなしにしがちなんですよね。ズボラなだけじゃねーかっていうことはわかってるんですが。

溜め込み過ぎて後になって整理するというケースが多かったのですが、量が増えれば増えるほど整理作業が面倒だったんですよね。

ところが「小さい財布」にしたことで、このレシートを溜めこむことをしなくなりました。というのも紙幣の枚数にも上限があり、あまりレシートを溜めてしまうと、当然のことながら財布のボタンが閉じられなくなるわけです。

これもあって、その日に生じたレシートはその日に処理することがルーチン化されたのが、個人的には結構大きなメリットになっています。

夏向けに薄い財布も揃えようかな・・・

abrAsusには「小さい財布」の他に「薄い財布」というのもあります。

僕自身、「小さい財布」を買う際に、どちらにしようかで悩んだわけですが、小銭の収納力があるほうがいいなーという安直な考えから、小さい財布を選んだんですよね。まぁ、今にしてみれば薄い財布でもそこまで変わらんのではないかという気がしないでもないわけですが。

もちろん小さい財布はすごいイイですし、使っていて気持ちのいいプロダクトだと思うんですけど、厚みという点ではこれまでの長財布とあんまり変わらなかったりします。

小さい財布の厚み

小さいのでポケットにスッと入れておけますが、それはあくまでもアウターを着ていればこその話。これから暖かい季節になってくると、アウターを着る頻度も下がってきますからね。できればズボンのケツポケットに忍ばせておきたいところなんですが、さすがに長財布と変わらん厚みになってくると、ちょっと微妙な感じもあるわけです。

その点、「薄い財布」は圧倒的に厚みが変わってくるので、夏場にはすごいイイのではないかなーと思うのですよね。

まぁ、「小さい財布」は使い始めたばかりで、まだ革もちょっと固めですし、今後使い込んでいくことで厚みもこなれてくれるのではないかとも思うので、しばらくガッツリ使い倒し、革も育てていきたいところです。

モバデビの最新情報をチェック