「かわるビジネスリュック」発表会! いいプロダクトにはいいストーリーがセットで存在するんだよ

伝説がまたひとつ紡がれるであろう瞬間に立ち会わせていただきました。

2016年7月26日、六本木は豚組しゃぶ庵にて、徹底的なこだわりをもって開発されたプロダクトが発表されたんです。その名も「かわるビジネスリュック」。
開発期間3年半という大長編プロダクトが、いよいよお目見えしたんですよ。

P7262743

とれるカメラバッグ、ひらくPCバッグ、ひらくPCバッグmini、ブロガーズトートなど、発売しては即座に売り切れるプロダクトを次々と打ち出してきたスーパーコンシューマーの新プロダクト「かわるビジネスリュック」。

プロデュースはとれるカメラバッグ、ひらくPCバッグという偉大な発明をしたいしたにさん(masakiishitani)、無類のリュック好きと公言して憚らないコグレさん(kogure)タッグによるものとなっています。

クチコミの技術」や「マキコミの技術」などの共著でも知られるタッグが、とうとうカバンにも乗り出したわけです。

ドラマチックすぎる大長編開発ストーリー

P7262750いしたにさん(masakiishitani)の挨拶からスタート

スーパーコンシューマーでは、プロダクトを発表する前にサイト上でプロダクト開発→完成までの流れを、連載として公開していることはよく知られていることだと思います。

もちろん今回の新プロダクト「かわるビジネスリュック」でも、その連載が公開されたわけですけど、これまでとは桁違いな転がり方をしているのです。

P7262754

そもそも「かわるビジネスリュック」は、過去のプロダクトを全てひっくるめて最長期間をさっくり更新したプロジェクト。グラフを見れば圧倒的な長さw

P7262753

発表会当日のスライドでは箇条書き4行にされていましたが、詳しくはこちらで公開されている全11回に及ぶ連載にじっくり目を通していただくのが一番でしょう。

もう読んでる途中から「これなんてプロジェクトX?」ですよ。
もういっそ再現ドラマ作ったほうがいいんじゃないかと思いました。

P7262759連載コンテンツを毎回担当する中谷さん

3年半という期間で40回超のミーティングが行われたそうですが、それらすべてを録音し、あとからコンテンツ化したのがスーパーコンシューマーの中谷さん。
これまでの全てのプロダクトのコンテンツも担当されているわけですが、こと今回に関してはかなり辛かったとのこと。

P7262755

長期だから大変・・・というのは当然のことながら、デジカメ盗難とか紛失とか音信不通とか違う要因での大変さが窺えますね。。

「かわるビジネスリュック」披露!

そんなこんなでプロジェクトの中身について、関係者によるトークのあと、いよいよ満を持して「かわるビジネスリュック」が披露されました。

P7262769

ででーーーーん!

キックミットじゃないですよ、リュックですよ。

P7262774

ちょっとリュックらしくないリュックというか。
リュックサックというと、やっぱりアウトドア感のあるものが多く、どこかゴテッとした印象のものが多いんですが、「かわるビジネスリュック」はビジネスシーンでも違和感なく使えるように、ガツッとシンプルなデザイン。

カラバリはブラックとグレーの2色展開となっており、スーツスタイルで仕事をしている人にはカッチリとした印象のブラック、カジュアルに普段着で仕事をしている、あるいはビジネス用途以外の使い方が多いという人にはグレーが合うのではないかと思います。まぁ、好き好きなのでどっち選んでもいいんですけどね。

で、これどこが”かわる”のよ? ってことなんですが、実はリュックとしてだけでなく・・・。

手持ちに変化image via. http://superclassic.jp/?pid=80703

リュックの側面に取っ手がついているので、リュックを横にして持てば、上のようなビジネスバッグに早変わりするわけです。

リュックサックって確かに大容量だし、両手はがら空きになって便利なんですけど、いざ打ち合わせだのなんだので客先に伺うことになったとき、バッグを背負ったままってなんともみっともないんですよ。その点「かわるビジネスリュック」なら、このようにビジネスバッグスタイルに切り替えることができ、TPOによって生じるみっともなさを解消することができるわけです。

「そんなこと気にしねーwww」とかいう人もいるかもしれませんが、そこを気にすることができるかできないかというのは、結構大きな差ですよ。
なんだかんだでビジネスマナーが根差した業界が多いので、この程度のことが仕事の死活を分けることだってあるんです。

やっぱりお高いんでしょう?

で、最も気になるのは価格ですよ価格。
発表会に参加していた人たち全員が固唾を飲んで見守る中、「かわるビジネスリュック」の価格が発表されました。

開発期間3年半、すったもんだでコストかかりまくったであろうことは想像に難くありません。おそらく誰もが「エー万(3万円)超えか・・・!?」と思ったのではないでしょうか。そんな中、発表された価格は、

19950円(税込)!!!!!!

なんと2万円を切ってきたのです! これには会場拍手喝采でしたよ。いい意味で予想を裏切ってくれました。


で。この記事を書いているのは発売開始からすでに3日経過した状態なのですが、早くも発売2日目でグレーの在庫がなくなったそうです。ブラックも残りわずか。

ひらくPCバッグやminiのときもそうなんですが、発売直後の品切れが考えられたため、それを想定していつも以上の在庫を準備していたんだそうです。にも関わらず、その想定を上回る数が捌けてしまっている状況のようです。

今回も僥倖

そんなわけで、すでに売れまくっている「かわるビジネスリュック」なんですけども、今回もありがたいことにモニター用にひとつご提供いただきました。

ということで、使い心地などは別途まとめさせていただきたいと思いますが、いただいた当日に使ってみた感じとしては、思った以上に肩への負担が少ないです。
チェストベルトを使うことで、より背中に沿うかたちで背負えるのが要因かなーという印象でして、ためしにチェストベルトを使わずに背負って、3時間ほど歩いてみたところ、肩甲骨と肩まわりが少し張ってしまって痛みを感じたので、個人的にはチェストベルト使用が必須だなーと思っています。

単純に普段リュック使ってないのも原因かもしれませんけどね。

もう少し使い込んでいってレポートしたいと思います。

なお、リュックの素材は撥水生地となっているので、少しの雨くらいなら全然問題なしであることも申し伝えておきます。

プロダクトとストーリーと共感

楽天メンズバッグランキング楽天メンズバッグランキングで堂々第1位!

発売から2日連続で楽天のメンズバッグランキングでデイリー1位を獲得しているという点から考えても、売れ行きが尋常じゃないことがわかります。

思うんですけど、いいプロダクトって生まれるまで、あるいは売れていくまでの間に、必ずと言っていいほどいいストーリーがセットで存在するんです。
「かわるビジネスリュック」はもちろんですけど、スーパーコンシューマーのプロダクトって、そういうのが非常に多いんですよね。

スーパーコンシューマーでは前述したとおり、プロダクトそれぞれのストーリーがコンテンツ化されています。それに共感したユーザーが興味を持ち、実際に購入し、そこからユーザーそれぞれのストーリーが生まれ、また広がっていくことで、プロダクトが愛され続けていくというサイクルが生まれているんですよ。

これって簡単なようでいて非常に難しい。狙って起こせるものじゃないです。
前提としてクオリティがしっかりとしたプロダクトでなければいけないですし、作り手が真実自信を持って送り出していなければいけないですし、共感を得られる体験を提供しなければいけません。

実を言えば、スーパーコンシューマーの製品発表会って今回初めて参加したわけですが、参加してみて感じたのは、いしたにさんやコグレさん、スーパーコンシューマーのみなさんのプロダクトに対する熱意。それにユーザーのプロダクトに期待する熱意がすさまじいんです。

なんというか、発表会というよりはそんな作り手とユーザーの熱意というか魂をプロダクトに宿す儀式のようにも思えました。別にそんな怪しいことしてるわけじゃないんですけどねw

迷っている場合じゃないポチるんだ!

上述したように、すでにグレーは在庫切れ、ブラックも在庫僅少ということで、買おうかどうしようかと迷っている間に完売してしまうかもしれません。
グレーについては8月5日発送分の予約は受け付けていますが、おそらくこれも下手すれば即日完売、あるいは予約分完売の可能性があるため、グレーが欲しいというのであればなおさら迷っている場合じゃないかもしれません。

これを逃してしまうと、向こう数ヶ月は入手困難になるかもしれないので、この機会にぜひともゲットしておくべきです。
まだちょっとしか使えていませんが、過去のプロダクトの使用経験から言って、購入して損はしません。オススメです。