【今日まで!】二子玉川に福島の美味しいものを探しに行ってきた #福島美味

美味しいものには目がありません。
ってことで、先週末に代官山で開催され、12月5日(Sat)〜6日(Sun)の2日間にわたって二子玉川ライズで開催されている「福島の美味しいものフレンドリーキュレーションフェア」へと行ってきました。
結論から言えば、間違いなく行っておくべき。美味しいものたくさんですよ。

福島美味しいものフレンドリーキュレーションフェア in 二子玉川ライズ

会場は東急田園都市線・二子玉川駅の改札を出てすぐにできた二子玉川ライズにあるイッツコムスタジオ&ホール。駅から向かうと蔦屋家電を超えたあたりにある、大きなガラス張りの扉が目立つ建物です。

それにしても二子玉川はだいぶ様変わりしましたねー。沿線住まいですけど、二子玉川ってほとんど降りることのない通過駅。二子玉川ライズが開業してから行こう行こうと思っていたんですが、なかなか機会がなくて、ようやく足を運ぶことができたわけですが、ほんと利便性の高い街へと変貌しました。
今後はかなり利用頻度高まりそうな予感です。

さて、それはさておき福島の美味しいものですよ。

ってことでまずは日本酒を利き酒させていただきました。

福島産日本酒利酒

升のあしらわれたカウンターで、福島の蔵元さんによる日本酒をちょびちょびっと味わわせていただきました。
普通のプラカップで飲んだあとに、平盃で同じ酒を飲むという飲み比べをしてみたんですが、これが驚き。まったくもって味の感じ方が違う。

平盃

白磁なのですかね。縁がとてつもなく薄く、これを口に運ぶと、酒が舌の上にまんべんなく流れこむ感じなのですね。おそらく普通のカップや御猪口で飲むのと違って、舌と日本酒の接地面が広くなるので、舌全体で複雑な味わいが一気に広がるためなのではないかと思います。

知識としては酒器によって味の感じ方が変わるというのはわかっていましたが、実際に体験してみるとここまで顕著に変わるものなのかと驚くばかり。
いやー、この酒器はぜひとも欲しいところですが、いかんせんちょっと値が張る。日頃から日本酒を嗜む人だったらぜひとも手元にひとつ欲しいと思うだろうなぁ。

続いて覗いてみたのは、金子牧場さんのブース。

金子牧場

とりあえずロゴが素晴らしい。いいなぁ、このデザイン。

金子牧場

こちらでは金子牧場さんで絞られた牛乳を加工したゴールデンヨーグルトしぼりたてチーズを購入することができます。
いしたにさん(masakiishitani)が「黙って2つ買え」と言っていたのを思い出しつつ、試食をさせていただいたんですが、うんこれは黙って2つ買うべきです。
ということで、ゴールデンヨーグルトとしぼりたてチーズを2つずつ購入。

糀和田屋の味噌

創業から240年の歴史を持つ老舗という糀和田屋さんのブースでは、味噌や塩麹、甘酒などが売られていました。

糀和田屋のソフトかりんとう

こちらは糀和田屋さんの味噌や醤油を使って作られているソフトかりんとう。こちらも試食。めっさ美味しい。酒のあてにもなりそうだし、お茶請けとしてもいい感じ。

八島食品の漬物

そして八島食品さんのブースでは衝撃的な出会いが。
こちらは旬の福島産野菜を漬物にした数々の商品を販売されていて、もちろん他のブース同様試食をさせていただけるんですけど、ここで試食した「トマトのジュレ」と「長芋の醤油漬け」が激しく美味い。

特に個人的にどストライクだったのが長芋の醤油漬け。

長芋の醤油漬け

ほんのり醤油の色が付いた長芋。そもそも長芋の漬物っていうのが初体験だったんですけど、これが超美味い。シャキシャキの歯ざわり。ほんのり染みこんだ醤油が長芋の持つ旨味と合わさって劇的な美味しさ。

ということで、こちらのブースでは長芋、トマト、それに水茄子の漬物を買い求めてしまいました。だって3種で1100円とかお得すぎでしょ。

さらに、会場ではちょっとしたご飯もいただくことができます。

おにぎりセット

会場入って右手にある「福島美味おにぎりCAFE」にて購入できるおにぎりセットです。と言っても、これがただのおにぎりじゃないんですよ。

米・食味分析鑑定コンクール国際大会にて6年連続で国際総合部門金賞を受賞した福島・天栄村のお米「天栄米」100%のおにぎりなのです。言ってみれば日本一の米で作られたおにぎり2つに、糀和田屋さんの味噌を使った味噌ボールの味噌汁に、先ほどの八島食品さんの長芋の醤油漬けがセットになって、なんとたったの500円。ワンコインで福島の美味しいものがどかんと味わえてしまうのです。

味噌ボール

味噌ボールは全部で10種類用意されていて、好きなモノを選べるのですが、今回僕は「バジルトマトパルミジャーノ」というのを選択。

味噌ボールを溶かす

味噌ボールを熱々の湯の中に放り込み、溶かしこんでいきます。

天栄米のおにぎり

日本一のお米・天栄米のおにぎり。米の艶がパねぇー。おにぎりにも味噌がふんだんに使われています。

こんなん絶対美味いやつやん・・・! と写真を撮りながら思っていましたけど、口にしてみたら間違いなく美味いやつでした。これがハズレであるわけがないです。

糀和田屋さんの味噌によって、天栄米の甘みと旨味がよりいっそう引き出され、「ああおにぎりってこんなに美味いものなんだ」っていう。
やっぱり日本に生まれて良かったなぁと再確認しちゃいました。

もちろん味噌ボールを溶かしこんだ味噌汁も絶品。バジルと乾燥したトマトが、意外にも味噌とばっちり合っていて、ちょっと洋風を感じつつも、全体的に和の美味さが中心にあるんですよね。いやぁいいわぁコレ。

福島の美味しいものを探しにきたわけですが、すべてがすべて美味しくて、福島が持つポテンシャルの高さに圧倒されてしまいました。
福島、特に会津には浅からぬ縁もあるわけですが、なにげにほとんど足を運ぶことがないままな僕としては、今後ぜひとも足を運びたいと思わされました。

とにかくですね、美味しいものが大好きな人は、今日の予定は全部変更して、二子玉川ライズへ行くべきです。もう今日しかこれだけの美味しいものが一同に介する機会はありません。おひとりさまもおふたりさまもご家族さまも、こぞって二子玉川ライズへ足を運びましょう。

モバデビの最新情報をチェック