iPadが座するためのクッション「Pad Pillow Lite」で正月はダラっとネットライフ送るぞ

先日、iPadのBluetoothキーボード付きスタンドカバー「Typi」をご提供いただいたIPEVO(アイピーボ)さんより、新たにラインナップに加わったiPadのクッションスタンド「Pad Pillow Lite」を、またもやご提供いただきました。ありがとうございます!

どんな製品なのかは以下から確認してみてください。

Pad Pillow Lite

元々は、これの倍近いサイズとなる「Pad Pillow」というクッションスタンドが発売されています。名前の通りLiteなのですね。

以前頂いた「Typi」もそうでしたが、IPEVOさんの製品は、軒並みパッケージがシンプル。
余計なゴミが出ないのは、ユーザー的にも嬉しいポイントじゃないでしょうか。

Pad Pillow Lite

パッケージをひん剥いた状態がこちら。
今回、色はチャコールグレーを選ばせてもらいました。

触った質感はやや固め。摩擦係数を高めるためなのか、かなり凹凸感を感じる生地が使われていますね。

Pad Pillow Lite

iPadをエイヤッと縦に置いてみました。
結構しっかりと安定してますねー。大きさ的に後ろへパッタリと倒れやしないかと思いましたが、しっかりとバランスが取られているようです。

Pad Pillow Lite

縦置きで問題がないわけですから横に置いたって何の問題もありません。
横に置くと幅ピッタリ。かなりの安定感。

Pad Pillow Lite

iPadがずり落ちないのは、「Pad Pillow Lite」の前面に縫い付けられたタグのおかげ。
しっかりと押さえられるよう、素材は革(フェイクレザーかもしれんけど)が使われているので、耐久性もありそうですな。

Pad Pillow Lite

山型となっている部分は、このようにパカっと開きます。

Pad Pillow Lite

丸い形状になっている部分にはマグネットが仕込まれています。
折りたたんだ状態のときにiPadを乗せてパカっと開かないのは、このマグネットのおかげですね。ふむふむ。

一応、使用上の注意として、マグネットが使われていることで、機種によってはマグネットスリープが発動する可能性もあるそうなので、これはちょっと気になります。

幸い、うちのiPadでは問題ないんですけど、マグネットスリープが発動する条件とか明らかになると、購入検討してる人には親切かもしれませんね。

Pad Pillow Lite

ちなみに開いた状態でもこのようにiPadを置くことができます。
うつ伏せに寝転がってiPadを操作したいときなんかには、良い感じの高さと傾斜なんじゃないかと思います。

モノがクッション素材なだけに、膝の上に乗せたり、ソファに寝転んでおなかの上に乗せたりしながらでも、安定して使えるというのも結構ポイント高いっすな。

とりあえず正月休みはダラダラとiPadで過ごすつもりだったので、これはとってもナイスタイミングで頂いちゃいました。
ネット観たり、NASにぶっこんだ映画観たり、ついつい買ってしまったFF4をやりこんだりするのに大活躍してくれそうです。

シンプルながらも細かいところまで気を利かせた造りになっている「Pad Pillow Lite」。お値段的にもとってもお手頃ですし、なかなかのオススメアイテムです。
iPad miniもサイズ感的にドハマリすると思うので、サクリとお買い上げしてみてはどうでしょうか?

[amazon asin=’B009N8M2P6′ type=’banner’][amazon asin=’B009N8WS5U’ type=’banner’]