Facebook Commentsが仕様変更されて設置が簡単になったっぽい

先日、Facebook Commentsをブログに導入する方法というのをメモ代わりに記事化してたんですが、実はFacebook Commentsの仕様が変更されました。

具体的にコメントの表示などは、あんまり見た目変わった感じがしませんけどね。

ただ、設置方法が以前よりも簡単になったっぽいので、ちょっとそこらへんをフォローしておくべきかなと思ったので、以下に改訂版として掲載します。

コピペでOKなFacebook Comments新コード

以前は「xid」という固有の変数を入れる必要があったんですが、今回の新Facebook Commentsではxidが廃止され、普通にURLで設定できるようになりました。

<div id="fb-root"></div>
<script src="//connect.facebook.net/en_US/all.js#xfbml=1"></script>
<fb:comments href="【個別記事のURL】" num_posts="3" width="520"></fb:comments>

しかも、どうもわざわざアプリケーション登録をしなくても設置可能っぽいですね。というのも僕の場合すでにアプリケーション登録をしてしまっているのでちと未確認なのですよ。。

もし、仮に設置してもダメだったー、という人は、こちらの記事を参照して登録してみて下さい。

なお、JUGEMの場合はパーマリンクをはき出す{entry_permalink}がコメントのところでは使えません。
このタグってエントリーブロックでしか使えないんですよね。
なので、http://example.jugem.jp/?eid={entry_id}としておくのがいいと思います。

何が変わったの?

取り敢えず、僕も以前のコードから新コードに差し替えて、一通りコメントの挙動とか見てみたんですけど、スタイル的にはあまり変化がないですね。

大きく変わった点としては2つ。

まず、ひとつめはFacebookで投稿されたコメントも、設置したFacebook Commentsに取り込まれるという点。

例えば設置したFacebook Commentsにコメントが投稿されたとします。そのときにFacebookへ同時に投稿するようにしておくと、ウォールにもその記事へのリンクがついたコメントが表示されます。ここまでは以前と同じ。

で、そのコメントに対して例えば別の誰かが、Facebook上からコメントにコメントをつけたとします。すると、その別の誰かのコメントがブログ側のFacebook Commentsにも反映されるんですね。これはコメントに「いいね!」された場合も同様です。

つまりFacebookとブログの連携がより親密になったという感じ。

そしてふたつめが、これまで不可能だったFacebookページアカウントでのコメント投稿が可能になったという点。

Facebookページがアップグレードされた際に、Facebookページにも個人アカウントのように人格を持たせられるようになったわけですが、以前のFacebook CommentsはFacebookページアカウントでのコメントはできませんでした。
それが今回の新Facebook Commentsでは、自分が管理しているFacebookページのアカウントで、コメントができるようになったんですね。

これ、何が大きいかって企業やブランド、WebサービスといったFacebookページが”公式”にコメントを書き込めるようになったってことです。
個人でしか利用していない人には恩恵を感じづらいところかもしれませんが、製品PRや企業広報を担当している人にとっては、かなり有用だと思いますよ。

モバデビの最新情報をチェック