WordPress本の著者としてWordPress初心者にオススメしたいプラグイン18選

記事の執筆・編集に役立つプラグイン

TinyMCE Advanced

WordPress初心者の多くが、記事を執筆・編集する場合、HTMLを触らずにワープロソフト感覚で扱えるビジュアルエディタを利用すると思います。

「TinyMCE Advanced」は、そんなビジュアルエディタをパワーアップしてくれるプラグインです。

Image via. WordPress › TinyMCE Advanced « WordPress Plugins

元々、WordPressデフォルトのビジュアルエディタは、シンプルな機能しかありません。「TinyMCE Advanced」を導入することで、フォントサイズを変更したり、アンダーラインを引いたり、文字に色を付けたりすることができるようになります。

AddQuicktag

「AddQuicktag」は、記事を書く際によく使うHTMLタグを登録し、エディタで簡単に呼び出すことのできるプラグインです。

プラグインの機能が機能だけに、テキストエディタをメインで利用するユーザー向けと思われがちですが、HTMLタグ登録時に設定をすれば、ビジュアルエディタでも呼び出すことができます。

HTMLタグだけでなく、WordPress独自のショートコードも登録できるので、ブラウザから記事の執筆・編集をする人にとって、かなり効率化が図れるプラグインですね。

Auto Post Thumbnail

プラグイン自体の更新は久しくされていないのですが、Macアプリ「MarsEdit」などを利用していると、欠かすことのできないプラグインがこちら。
記事中の画像を自動でアイキャッチ画像(サムネイル画像)に設定してくれます。

本来であれば見合った画像をアイキャッチに採用すべき・・・だとは思うんですが、WordPress初心者の場合、アイキャッチの設定を忘れてしまうことも多いでしょう。
また、執筆環境によってアイキャッチ画像に触れられないケースもあるので、このプラグインを導入してアイキャッチ漏れを防いでおきましょう。