ちょっとは離脱率減るかも? 今までなかった404ページをきちんとこさえてみた!

ウェブをいろいろ見て回っていると時折出会ってしまう404ページ。リンク切れやページの削除、URLの変更など、いくつかの原因でページが表示されない場合に見えるページです。

何の変哲もないような404ページが開かれてしまうと、なんとも味気ないかなぁと思い、mbdbでもちゃんと404ページを用意してみました。

しかし、単純に404ページを設置したところで、離脱率や回遊率に変化なんてあるわきゃありません。ちゃんとそれなりのナビゲーションや仕掛けを施す必要があります。

要素を絞るのが良さそうだ

あんまり詰め込みすぎても微妙なことになるので、できるだけ要素は絞るっていう方向で落ち着きました。

[M] mbdb NotFound Page

「404 Not Found」であることを明示しつつ、URLが間違っている可能性を示唆しつつ、ブログ内検索を促すようにしてみました。
下部にはブログ全期間の人気記事を表示させてあります。

最初はおもしろおかしいイラストとか入れてみようかしら? とか思ったんですがねぇ。どうにもこうにもイラストは苦手だったので、まぁオーソドックスなかたちに落ち着けてみましたよ。

単純にページが見つからないことだけを表示するよりは、多少離脱率や回遊率に変化が出たりするのかなと期待しつつ、しばらく様子を見てみようと思います。

まだちょっと困ったことも・・・

そんなわけで404ページを設置してみたわけですが、まだ完璧というわけじゃないんですよね。

というのもうちの場合は、リプレイスしてから移行していない記事が結構な・・・結構どころじゃない数があるんですよ。

以前は記事ページのURL末尾に、

/?eid=1

といったパラメータが動的に割り振られていました。

移行後の記事についてはWordPressのプラグイン「Redirection」を使ってリダイレクトをかけていますが、移行前の記事にアクセスがあった場合はWordPress標準でトップページにアクセスするようになっているんですよね。

この設計はあんまり親切じゃないなぁとか思ったので、仮に移行前のパラメータでアクセスがあったときは404ページに飛ぶように設定してみたんですが、なんか微妙にうまくいかないっていう・・・。

ふーむ、もう少し改善策を考えてみないとなぁ。