「きになるき 男の小料理」噂の熟成まぐろに感激! 旬の食材を抜群に活かした隠れ家的居酒屋 (東京・渋谷)

夫氏と出逢って間もない頃から話を聞いて&彼が書いたブログを読んで、気になって仕方がなかった「 きになるき 男の小料理 」

つわりの症状がおさまり、味覚、食欲、そして食い意地がやっと戻ってきた妊娠18週目の8月下旬、久しぶりのディナーデートを楽しみに行ってまいりました。

カウンターのみ&地下にある隠れ家的居酒屋

場所は、渋谷・道玄坂上の交差点の手前にある雑居ビルの地下1階。カウンターのみのアットホームなお店です。

きになるき 店内

午後7時に予約した人が全員そろったら、まずはドリンクの注文からスタート。
この日は、2人1組のグループが私たちを含めて5組、計10人でした。お店はほぼいっぱい (詰めると12人は入れるそう)。

ドリンクは飲み放題。ビール、焼酎、サワー、酎ハイ、ハイボール、カシスオレンジなどから選べます。

きになるき 店内

妊婦の私はウーロン茶をオーダー。「常温もありますけど、どうしますか?」と聞いてくれた心遣いがありがたい!
夫氏はハイボール。お店のこだわりである強炭酸を使っているので、絶えずシュワシュワしていて美味しそうでした。

きになるき ハイボール

この炭酸で飲む梅サワー、さぞかし美味しいだろうなあ・・・・・・(遠い目)。

蛍茄子、茶豆・・・旬の野菜をシンプルに

さっそく出てきた1品目は、蛍茄子と呼ばれる茄子。
水茄子に比べてアクが少なく、まるで青りんごのような爽やかな味で、食感も野菜というよりはフルーツのイメージ。

味と食感をぜひ味わってほしいとのことで、何も付けず生のままいただきましたが、たしかにこれはさっぱりしていてクセになる!蒸し暑い日にぴったり。

次にいただいたのは、めかぶのポン酢和え。上にはとびっこがたっぷり載っています。

きになるき めかぶポン酢

でも、この一品のメインは、めかぶでもとびっこでもなく、ポン酢だそう。
黒酢や橙酢を混ぜて生み出されたポン酢は、柑橘の風味がいい具合に効いていて、めかぶのぬるぬる感と不思議とマッチしていました。

このポン酢、家でこしらえて、アボカドとかと合わせてみたいかも。

そして個人的に気に入ったのが茶豆
今まで巡り合った茶豆がマズかったからなのか、茶豆に対して少し苦手なイメージがあったのですが、これは美味しかった!

晴れの日が多く、めちゃくちゃ甘く育った茶豆から更に甘みを引き出すため、塩と醤油で茹でたとのこと。
味はひと言で例えるなら、とにかく「豆!」。

素朴な味で食べ始めたら止まらないというやつなのですが、店長から、全体の1/3を茹でたての熱いうちに、残りの2/3を10~15分ほど経って冷めてから食べてほしいとのリクエストが。

一気に平らげてしまいたい衝動をぐっと我慢して、常温程度にまで冷めた茶豆を口にした瞬間、「ああ、たしかに!」と激しく納得。
少し時間を置くことで、ますます甘みが感じられるようになるのです。
ハマるなあ、これ。

モバデビの最新情報をチェック